トップページ防災危機管理課災害時伝言ダイヤルのご利用方法

災害時伝言ダイヤルのご利用方法

地震や洪水などの大災害発生時は、電話利用の爆発的な増加により、被災地に向けての電話がつながりにくくなる場合があります。

このような場合「災害用伝言ダイヤル」が開設され、一般電話・公衆電話・携帯電話などから、声による「安否情報」の録音・再生ができます。

「災害用伝言ダイヤル」の開設条件は、震度6弱以上の地震発生時、および地震・噴火などの発生による被災地への通話が増加し、被災地に向けての電話がつながりにくい状態になった場合です。

伝言の録音方法は、171にダイヤルし、録音の場合「1」を押し、被災地の方の電話番号を市外局番から入力します。伝言の再生方法は、171にダイヤルし、再生の場合「2」を押し、被災地の方の電話番号を市外局番から入力します。

災害用伝言ダイヤルについて詳しくはNTT西日本のホームページでご確認ください。

お問い合わせ

防災危機管理課

電話番号:0898-36-1558(課直通)・0898-36-1630(災害情報ダイヤル)
メール:bousai@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1