移住者住宅改修支援事業(県補助)

※平成29年度の受付は終了しました。

 平成28年度から人口減少の抑制と集落機能の維持及び存続を図るため「若者人材」の確保・定着の促進策として、移住者への支援制度を実施しています。

移住者住宅改修支援事業(県補助)

補助対象者

 平成28年4月1日以降に県外から移住し、取得または賃借した空き家住宅を改修して5年以上定住する50歳未満の働き手世帯(50歳未満が1人以上の世帯)の方または子育て世帯(中学生以下の子どもがいる世帯)の方

対象住宅

県・市空き家情報バンクなどを通じて購入・賃借した一戸建て住宅
えひめ空き家情報バンク(外部サイト)
しまなみの島ぐらし(外部サイト)

補助金額

住宅改修・家財道具搬出費用の3分の2
上限:住宅改修200万円(子育て世帯400万円) 家財道具搬出20万円

※人口減少率の著しい地域等で実施する事業については、補助率を6分の5とするなど市独自の上乗せ加算があります。人口減少率の著しい地域等については以下の資料をご参照ください。
今治市移住者住宅改修支援事業費補助金指定地域概略図(PDF 315KB)

事前申込

「事前申込」が必要となります。

平成29年5月1日(月曜日)から5月31日(水曜日)までの執務時間中に、事前申込書に関係書類を添えて、地域振興課(市役所本庁第2別館3階)へ提出してください。

「事前申込」が予算総額を上回った場合は抽選となります。

※店舗兼住宅の改修については、事前に関係機関(保健所、消防本部など)にもご相談ください。

補助を受けるために

補助を受けるためにまず行うこと

平成29年5月1日(月曜日)から5月31日(水曜日)までの執務時間中に地域振興課の窓口で事前申込を行ってください。

事前申込の方法

 必要事項を記載した以下の書類を地域振興課の窓口に提出してください(郵送可。5月31日(水曜日)必着)。事前申込が予算総額を上回った場合は抽選となります。抽選は6月16日(金曜日)市役所本庁で実施予定です。

※事前申込については郵送でも構いません。それ以降の手続きにつきましては、書類をご持参ください。また、既に改修を行っている場合は対象外となりますので、事前にご相談ください。

※以下の条件をすべて満たす方が対象です
1.県・市等の空き家バンクを通じて購入または賃借した空き家に5年以上居住する意思を有する方
2.平成28年4月1日以後に修学や転勤、結婚による転居等以外で移住し、市内に住所を有する方
3.働き手世帯(世帯の内、少なくとも1人が50歳未満)に属する方
4.本人及び同一世帯に属する方が前住所地を含め市町村民税及び固定資産税を滞納していない方
5.過去に当該補助金の交付を受けたことがない方
6.当該空き家の改修等を行うことができる権原を有している方
(改修は市内業者を活用してください。DIYも可とします。)

※市から交付決定を受ける前に行った改修等は対象外です。
また、補助金の確定通知を受けた日から5年以内に改修した住宅を取り壊し、売却、退去等した場合は、補助金を返還しなければならない場合があります。

認定申請に必要な書類

(1)事前申込書(Word 63KB)
(2)補助対象事業費の算出根拠(例:改修に関する見積書及び改修内容が分かるもの等)
(3)住宅の図面(配置図及び平面図)

※配置図とは建物の配置や敷地との位置関係を示した図面です。
 また、平面図とはいわゆる「間取り図」のことで、主要な設備等を表示した図面です。

各種申請書等

チラシ(PDF 940KB)
事前申込書(Word 63KB)
要綱(PDF 452KB)

様式

(1) 別記様式第1号(第6条関係)今治市移住者住宅改修支援事業費補助金交付申請書(Word 22KB)
(2) (別紙様式1)今治市移住者住宅改修支援事業 事業計画書(Word 55KB)
(3) (別紙様式2)誓約書(Word 35KB)
(4) 別記様式第3号(第8条関係)今治市移住者住宅改修支援事業変更承認申請書(Word 21KB)
(5) 別記様式第5号(第9条関係)今治市移住者住宅改修支援事業中止(廃止)承認申請書(Word 20KB)
(6) 別記様式第7号(第10条関係)今治市移住者住宅改修支援事業実績報告書(Word 21KB)
(7) (別紙様式3)今治市移住者住宅改修支援事業 事業実績書(Word 46KB)
(8) 別記様式第9号(第12条関係)今治市移住者住宅改修支援事業費補助金交付請求書(Word 23KB)

お問い合わせ

地域振興課

電話番号:0898-36-1514
メール:chiiki@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1