トップページ道路課今治小松自動車道

今治小松自動車道

事業のあらまし

  • 一般国道196号今治小松自動車道は、今治市において西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)と接続し、旧朝倉村、旧東予市、旧丹原町を経て西条市小松町において四国縦貫自動車道(松山道)と接続する延長約23.3kmの自動車専用道路です。
  • I期施行区間として今治市長沢~西条市小松町妙口間約13kmが平成元年度に事業化され、平成11年7月には東予丹原I.C~いよ小松 I.C間(L=4km)が、更に平成13年7月には今治湯ノ浦I.C~東予丹原I.C間(L=9km)がそれぞれ開通しました。
  • II期施行区間である今治I.C~今治湯ノ浦I.C間(L=10.3km)についても、国土交通省の直轄事業として平成13年度より事業着手されました。

整備効果

  • 四国縦貫自動車道、西瀬戸自動車道との接続により、中四国のネットワークが広がり、地域間の交流が促進されます。
  • 西瀬戸自動車道開通によって増大した交通量を分散し、スムーズで快適な走行ができます。
  • 現国道(196号)の交通渋滞が緩和されることにより、自転車、歩行者の安全が確保されます。

位置図

写真
今治市長沢付近(今治湯ノ浦IC)
(写真提供:国土交通省)

図面はこちらをご覧ください。

通行料金について

料金検索は西日本高速道路株式会社のページをご利用ください。

国土交通省松山河川国道事務所のページはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

道路課

電話番号:0898-36-1564
メール:douro@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1