トップページ福祉政策課戦没者等の遺族に対する援護事業

戦没者等の遺族に対する援護事業

戦没者等の遺族に対して、給付金等の受給について相談を受け付けています。

公務扶助費

戦没者または公務に関連して死亡した方の遺族
※ここで言う家族とは戦没者等の死亡当時、生計を同一にしていた遺族で、対象は次の順番で受け継ぐことになります。

(1)配偶者
(2)未成年の子
(3)父母
(4)重度障害を持ち、収入を得ることができない成人の子及び祖父母

戦没者等の妻に対する特別給付金

戦没者の妻で、公務扶助料の受給権がある方で10年間の記名国債を継続して支給しています。

※詳細につきましては、継続の時期等になりましたら、広報などでお知らせする予定です。

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金

戦没者死亡当時の三親等内の親族で、公務扶助費などの受給権者がいなくなった場合に、5年間の記名国債を支給しています。

※ 親族の支給順位があります。
※ 受付時期になりましたら、広報などでおしらせする予定です。

お問い合わせ

福祉政策課

電話番号:0898-36-1525
メール:fukusis@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1