トップページ教育委員会 事務局 学校教育課平成29年度 私立幼稚園就園奨励費補助

平成29年度 私立幼稚園就園奨励費補助

 今治市では、幼児教育の普及充実を図るため、要件を満たすご家庭に対して保育料を減免する制度を実施しています。

補助の対象となるご家庭

次の1・2をともに満たすご家庭が対象です。

  1. 今治市に住民登録をしており、子ども・子育て支援新制度への移行を選択していない私立幼稚園(今治市以外の園も含む)に在園していること。
  2. 満3歳児から5歳児及び就学義務が猶予または免除された園児であること。

    満3歳児:平成26年4月2日〜平成27年4月1日生(満3歳の誕生日を迎えた幼児が、翌年4月を待たずに途中入園する場合)
    ※満3歳を待たずに入園した場合は、3歳に達した日から対象となります。

    3歳児:平成25年4月2日〜平成26年4月1日生
    4歳児:平成24年4月2日〜平成25年4月1日生
    5歳児:平成23年4月2日〜平成24年4月1日生

保育料の減免額

  • この減免額は、1年間在園し保育料等を納入した場合の、園児1人に対する金額です。
  • 途中入退園や休園の場合は、在園期間や保育料納入期間に応じて計算をするため、上記金額より低額となります。
  • 実際に支払った入園料及び保育料の合計額が減免額を下回る場合は、当該支払額を限度とします。
  • 就園とは、小学校就学前児童が保育所、幼稚園、認定こども園等に入所等している場合のことです。
  • 同一世帯内に2人以上収入がある場合、合算した市民税所得割額で判定します。
    (単身赴任などにより、住民登録が園児と別になっていても、生計が同じ場合は同一世帯とみなします。)

補助限度額(年額)の表A、表Bは、画像で掲載しています。掲載内容は、学校教育課へお問い合わせください。電話0898-36-1601。

表A

表Aの掲載内容は、学校教育課へお問い合わせください。電話0898-36-1601。

※世帯区分Ⅰ~Ⅳ:「生計を一にする」兄姉がいる場合、その兄姉(年齢制限なし)から、該当園児を第2子、第3子と数えます。
※世帯区分Ⅴ~Ⅵ:小学校1年生から3年生まで並びに就園している兄姉がいる場合は、その者から該当園児を第2子、第3子と数えます。未就園や小学校4年生以上の兄姉のみがいる場合は該当園児は第1子扱いとなります。

表B ひとり親世帯、在宅障がい児(者)のいる世帯等の場合

表Bの掲載内容は、学校教育課へお問い合わせください。電話0898-36-1601。

※表Bの適用を受けるには下記の書類を提出する必要があります。

ひとり親世帯:
「児童扶養手当証書」「ひとり親家庭医療費受給資格者証」の写し等

在宅障がい児(者)のいる世帯:
「身体障害者手帳」「療育手帳」「精神障害者保健福祉手帳」「特別児童扶養手当証書」「障害基礎年金証書」の写し等

様式のダウンロード

幼稚園就園奨励費のご案内(A3サイズ)(PDF 362KB)
保育料等減免に関する調書(Word 68KB)
保育料等減免に関する調書(記入例)(Word 77KB)
辞退届(Word 38KB)

お問い合わせ

申請・交付は、すべて幼稚園を通して行います。
手続きについては、お子様が通園される幼稚園へおたずねください。

その他、詳細については、学校教育課(電話0898-36-1601)へお問い合わせください。

お問い合わせ

教育委員会 事務局 学校教育課

電話番号:0898-36-1601
メール:gakukyou@imabari-city.jp
〒794-0027 今治市南大門町2丁目5-1 第3別館2階