トップページ下水道業務課地下水(井戸水)を下水道に排出する場合は、申告が必要です

地下水(井戸水)を下水道に排出する場合は、申告が必要です

 地下水を下水道に排出される方は、汚水排除量申告書によって汚水排除量の申告をしなければなりません。申告により地下水量を認定し下水道使用料をいただくことになります。

地下水等を使用される場合の地下水量の認定基準は、次のとおりです。

  •  水道水のみを使用している場合は、水道水の使用水量とします。
  •  家庭用に地下水のみを使用している場合は、メーターを設置していただくか、家族の人数による認定水量を適用します。家族の人数による認定水量を適用するには、毎年人数を申告していただく必要があります。
    【家族の人数による認定水量】
    1人目から3人目まで 1人あたり 14㎥/2月
    4人目から 1人あたり 8㎥/2月
    例えば5人家族の場合の2月当たりの認定水量は
    14㎥×3人=42㎥
    8㎥×2人=16㎥ 合計 58㎥となります。
  •  家庭用に水道水と地下水を併用している場合は、水道使用水量と家族の人数による認定水量のどちらか多い方を汚水排除量とします。
     ただし、地下水の使用水量がメーター等により確定できる場合は、水道水と地下水の使用水量の合計を汚水排除量とします。
  •  事業用として地下水をご使用の場合には、個人の費用にてメーターを設置していただき、汚水排除量を確定させます。メーターを設置していただけない場合には、使用状況等を勘案し汚水排除量を認定します。

お問い合わせ

下水道業務課

電話番号:0898-36-1570
メール:gesuig@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1