トップページ保険年金課退職者医療制度

退職者医療制度

退職者医療制度とは

 長い間勤めた会社等を退職して国民健康保険に加入している人のうち、老齢(退職)年金を受給している65歳未満の人と、その扶養家族が、退職者医療制度の対象となります。
 退職者医療制度では、医療費の一部が会社等の健康保険からの拠出金で賄われるため、間接的にみなさんの国民健康保険税の負担軽減が図られることになり、国民健康保険の健全な財政運営にもつながります。
 対象となる方は必ず届け出をしてください。

退職者医療制度の対象となる人

 次の【1】~【3】のすべてにあてはまる人とその扶養家族が対象となります。

【1】 平成27年3月31日以前に国保資格を取得された方
【2】 65歳未満の人
【3】 厚生年金や各種共済組合などの老齢(退職)年金の受給権があり、その加入期間が20年以上、または40歳以降に10年以上ある人

※扶養家族とは、退職被保険者本人の配偶者(事実上婚姻関係にある人を含む)および三親等内の親族で、本人と同じ世帯に属し、主として本人によって生計を維持している65歳未満の人のことをいいます。ただし、年間の収入が130万円未満(60歳以上の人および障害者は180万円未満)の人です。

届け出をしてください

年金証書をうけとったら、14日以内に届け出をしてください。手続き終了後に「国民健康保険退職被保険者証」が交付されます。

手続に必要なもの

  • 厚生年金、共済年金等の年金証書
  • 国民健康保険証

「国民健康保険」に関するお問い合わせ窓口

本庁

保険年金課 国民健康保険係(20番窓口)

支所

住民サービス課

お問い合わせ

保険年金課

電話番号:0898-36-1520
メール:hoken@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1