トップページ健康推進課保健担当母子健康手帳の交付

母子健康手帳の交付

 母子健康手帳は、妊娠中の母体の様子や子どもさんが小学校に入学するまでの健康状態などを記録するものです。予防接種や健診などを受けるときにも必要になります。

母子健康手帳の交付

交付の対象となる方

今治市に住民票があり、産婦人科にて「妊娠届出書」を発行された方
「妊娠届出書」を産婦人科で発行された方は、なるべく早めに母子健康手帳の交付を受けてください。

届出窓口・受付時間

今治市健康推進課(今治市中央保健センター) および各支所住民サービス課
受付時間:月曜日から金曜日の平日8時30分〜17時15分

届出のときに必要なもの

平成28年1月から届出のときに、個人番号(マイナンバー)が必要になります。

妊婦本人が届出する場合
  • 妊娠届出書
  • 個人番号通知カード(または個人番号カード)
  • 妊婦の本人確認ができるもの(運転免許証、パスポートなど)
代理人が届出する場合
  • 妊娠届出書
  • 妊婦本人の個人番号通知カード(または個人番号カード)
  • 代理人の本人確認ができるもの(運転免許証、パスポートなど)

※届出する本人の住民票が今治市にあれば、代理人の方でも申請していただくことができます。

備考

再交付について

以前 交付を受けた方で紛失等により 母子健康手帳をなくされた方は、ご自身の申請により再交付を受けることができます。
※ただし、再交付は母子健康手帳に記載された内容を保障するものではありません(病院等での記録は白紙でお渡しします)ので、母子健康手帳は大切に保管してください。

問い合わせ窓口

今治市健康推進課(今治市中央保健センター) および各支所住民サービス課
受付時間:月曜日から金曜日の平日8時30分〜17時15分

妊産婦さんご自身の希望やまた必要に応じて保健師が家庭訪問しています。お気軽にお問い合わせください。
【問合せ先】 今治市健康推進課(今治市中央保健センター)および各支所住民サービス課

マタニティーマークのキーホルダー配布について

今治市では、母子健康手帳交付時に妊婦さんにマタニティマークのキーホルダーをお渡ししています

 今治市では厚生労働省が提唱する「妊産婦にやさしい環境づくり」の考え方に則り、マタニティーマークの利用を積極的に推進しています。
 マタニティーマークは、お腹が目立たず妊娠していると分かりづらい妊娠初期に、つわりをはじめとする体調不良などが多いことを考慮し、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするために妊娠中の方が身につけるマークです。
参考:厚生労働省ホームページ「マタニティマークについて」

厚生労働省推薦  マタニティーマーク

 また、今治市では、妊婦さんにマタニティーマークのキーホルダーを配布するとともに、公共の施設を始め、公共交通機関やショッピングセンターなどにもご協力いただき、マタニティーマークの意義を周知するポスターを掲示しています。

 マタニティーマークのポスターのダウンロード(PDF:461KB)

 どうぞ、ご自由にお使いください。
 また、ご使用の際にはご一報いただけると、今後の事業の充実のために大変参考になりますので、よろしければkenkou@imabari-city.jpまでご連絡ください。

マタニティーマークのポスター

外国語版母子健康手帳の交付について

外国語版の母子健康手帳を用意しています。
ご希望の方は妊娠届出の際にお申し出ください。

種類 英語、中国語、タイ語、タガログ語、ポルトガル語、インドネシア語、スペイン語、ハングル、ベトナム語
交付場所 今治市中央保健センター
受付時間 月曜日から金曜日の平日8時30分〜17時15分

※但し、今治市版母子健康手帳と外国語版母子健康手帳のうち、いずれか1冊の交付になります。

お問い合わせ

健康推進課

電話番号:0898-36-1533
メール:kenkou@imabari-city.jp
〒794-0043 今治市南宝来町1丁目6-1 今治市中央公民館 1階