トップページ健康推進課健康推進担当HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)接種について

HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)接種について

平成25年4月1日から予防接種法改正により定期接種になりました。

子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的勧奨の一時差し控えについて

 厚生労働省の勧告(平成25年6月14日)に基づき、現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。
 接種対象者が接種を受ける際は、「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(平成25年6月版)を必ずお読みください。

厚生労働省「ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について(勧告)」

厚生労働省「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(平成25年6月版)」(PDF)

厚生労働省「子宮頸がん予防ワクチン接種の「積極的な接種勧奨の差し控え」についてのQ&A」

厚生労働省「子宮頸がん予防ワクチンに関するQ&A」

愛媛県「子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の差し控えについて」

対象者

小学6年生相当年齢~高校1年生相当年齢の女性

「子宮頸がん」ってどんな病気?

 子宮頸がんは、子宮の入り口付近にできるがんで、原因は、ヒトパピローマウイルス(HPV)への感染です。HPVは多くの場合、性交渉により感染すると考えられており、女性の約80%が一度は感染するというごくありふれたウイルスです。
 感染しても大部分は自然に排除されますが、まれにウイルスが残ることがあり、数年~十数年の経過を経て、子宮頸がんを発症することがあります。感染した人が1,000人とすると、このうちがんになる人は1~2人程度です。
 日本では年間約15,000人が発症し、約3,500人が死亡するという統計があります。また、20歳代後半から30歳代で発生する人が増えています。

HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)とは?

 2価ワクチン(サーバリックス)は平成21年12月22日から、4価ワクチン(ガーダシル)は平成23年8月26日から日本で承認販売されるようになった輸入ワクチンです。
 100種類以上あるHPVの中で、約15種類が子宮頸がんを引き起こす可能性があるとされています。このうち16型、18型は子宮頸がんの原因の65%を占めるといわれています。
 2価ワクチンは16型と18型、4価ワクチンは16型と18型に加え尖圭コンジローマの原因であるといわれている6型と11型の計4種に対応しています。
(尖圭コンジローマ・・・直径1~3mm前後の良性のイボが性器や肛門のまわりにできる病気。痛みやかゆみがほとんどなく、さまざまな形状のイボができる。)
 接種後のウイルス感染を防ぐためのワクチンで、すでに感染しているウイルスを排除する効果はありません。

 ワクチンの効果の持続期間は不明で、また、すべての子宮頸がんを予防できるわけではありません。初期の子宮頸がんには自覚症状がないので早期発見のため、20歳になったら定期的にがん検診を受けることが必要です。

接種回数・間隔について(2価ワクチンと4価ワクチンの接種方法違い)

同じ種類のワクチンを3回接種することが必要です

種類 接種間隔
サーバリックス(2価) 1か月以上の間隔をおいて2回接種、1回目の接種から5か月以上かつ、2回目の接種から2か月半以上の間隔をおいて1回
ガーダシル(4価) 1か月以上の間隔をおいて2回接種、2回目の接種から3か月以上の間隔をおいて1回

互換性に関するデータはなく、単一のワクチンで接種した場合のみ公費助成の対象となります。既にサーバリックスで接種を開始した方が、2回目以降ガーダシルに変更することはできません。また、逆の場合も同様です。

副反応について

 子宮頸がん予防ワクチンの副反応は以下のとおりとなっています。
 体調に変化がみられた場合は、医師にご相談ください。

頻度10%以上 かゆみ、注射部位の痛み・赤み・腫れ、胃腸症状(吐き気・嘔吐・下痢・腹痛など)、筋肉の痛み、関節の痛み、頭痛、疲労
頻度1~10%未満 発疹、じんましん、注射部位のしこり、めまい、発熱、上気道感染
頻度0.1~1%未満 注射部位のピリピリ感・ムズムズ感
頻度不明 失神・血管迷走神経発作(息苦しい、息切れ、動悸、気を失うなど)

接種にあたって

接種を受けることができない人

  1. 明らかに発熱(通常37.5℃以上)している人
  2. 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな人
  3. HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)に含まれる成分で過敏症(通常接種後約30分以内に起こる呼吸困難や全身性のじんましんなどを伴う重いアレルギー反応を含む)を起こしたことのある人
  4. その他、医師が不適当な状態と判断した場合

接種を受ける際に注意が必要な人

  1. 心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気や発育障害などの基礎疾患のある人
  2. 予防接種で、接種後2日以内に発熱のみられた人
  3. 過去にけいれん(ひきつけ)を起こしたことのある人
  4. 過去に免疫不全の診断がなされている人及び近親者に先天性免疫不全症の人がいる人
  5. 血小板が少ない人や出血しやすい人
  6. 妊娠または妊娠している可能性がある人
    ※妊娠中の接種に関する有効性・安全性及び授乳中の接種に関する安全性は確立していません。
  7. ※健康上や、通学等の理由により県外でワクチン接種をする場合、今治市長から実施市町村長宛に接種依頼状を発行しますので、該当するときは事前に今治市健康推進課までお問い合わせください。なお、その場合の接種費用についてはいったん自己負担になりますが、接種後償還払いの手続きができます。

HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)の接種について(説明文)(PDF)

接種後の注意点等

  1. 予防接種を受けた後30分程度は、急な副反応が起こることがあります。体調の変化に注意し、症状が表れたときには、医師にご相談ください。
    ※恐怖等を感じることにより、接種後、血管迷走神経反射として失神があらわれることがあります。
    ※失神による転倒等を防止するため、注射後の移動の際には、保護者または医療従事者が腕を持つなどして付き添うようにしましょう。
  2. 接種後、1週間は副反応の出現に注意しましょう。
  3. 接種部位は清潔に保ちましょう。入浴は差し支えありませんが、接種部位をこするのはやめましょう。
  4. 当日は、激しい運動は避けましょう。

健康被害救済制度について

 健康被害が生じた場合には、障害の程度によって予防接種健康被害救済制度による補償が受けられます。

接種医療機関

接種医療機関リスト(PDF)

子宮頸がん検診について

HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)を接種した後も、すべての子宮頸がんを予防できるわけではありません。

 今治市では、20歳以上の女性を対象に、子宮頸がん検診を行っています。
 早期発見のためにも、20歳になったら、年に1回子宮頸がん検診をうけましょう!

がん検診に関する情報についてはこちら

お問い合わせ

健康推進課

電話番号:0898-36-1533
メール:kenkou@imabari-city.jp
〒794-0043 今治市南宝来町1丁目6-1 今治市中央公民館 1階