トップページ健康推進課健康推進担当重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の注意喚起について

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の注意喚起について

マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の患者が県内でも報告されています。

春から秋にかけてマダニの活動が盛んになることから、森林、草むら、藪などに入る場合には十分注意することが必要です。

野外活動をする際には長袖長ズボンで首にタオルを巻くなどして、マダニに咬まれないようにしましょう。
作業後にはシャワーで身体を洗い流し、マダニに咬まれていないか確認しましょう。
詳細については、以下のパンフレットや愛媛県及び厚生労働省のホームページの情報をご参照ください。

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関する情報 

SFTSリーフレット(愛媛県)(PDF 1.3MB)

愛媛県「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の注意喚起について」(外部サイト)

厚生労働省「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について」(外部サイト)

お問い合わせ

健康推進課

電話番号:0898-36-1533
メール:kenkou@imabari-city.jp
〒794-0043 今治市南宝来町1丁目6-1 今治市中央公民館 1階