トップページ子育て支援課母子・父子福祉母子父子寡婦福祉資金貸付事業

母子父子寡婦福祉資金貸付事業

貸付要件

 母子家庭の母、父子家庭の父、寡婦等に対して、その経済的自立の助成と生活意欲の助長を図り、その扶養している児童の福祉を増進するため、12種類の資金の貸付けを行っています。
 貸付を受ける方は、一定の条件を満たす必要があるほか、各資金により必要書類が異なりますので、事前に母子・父子自立支援員へお問い合わせください。

資金の種類・内容

種類 資金の内容 貸付限度額 据置き期間 償還期限
事業開始 新たに事業を開始するために必要な設備什器機械等の購入資金 【個人】2,850,000円
【団体】4,290,000円
貸付けの日から1年 7年以内
事業継続 現在営んでいる事業を継続するために必要な資金 【個人】1,430,000円
【団体】1,430,000円
貸付けの日から6か月 7年以内
修学 児童が高校、大学、専門学校等に修学するために必要な資金 別表1 参照 卒業後6か月 20年以内
(専修学校、一般課程、修業施設:5年以内)
就学支度 児童が就学するために必要な被服等購入資金 別表2 参照 卒業後6か月 20年以内
(専修学校、一般課程、修業施設:5年以内)
技能習得 母(寡婦)等が知識や技能を習得するために必要な資金 【一般】月額(5年まで)
68,000円

【特別】 一括(12か月相当)
816,000円
自動車運転免許
460,000円
技能習得期間終了後1年 20年以内
修業 児童の修業のために必要な資金(運転免許資金を含む。) 【一般】月額(5年まで)
68,000円

【特別】自動車運転免許
460,000円
修業期間終了後1年 6年以内
就職支度 母(寡婦)等または児童が就職するために必要な資金 【一般】100,000円

【特別】通勤自動車購入
330,000円
貸付けの日から1年 6年以内
生活 生活安定維持のため必要な資金
(1)技能習得中の母(寡婦)
(2)医療若しくは介護を受けている母(寡婦)等
(3)母子・父子家庭になって7年未満(生活安定期)の母・父
(4)失業期間中の母(寡婦)等
【一般】月額 103,000円

【技能】月額 141,000円
(技能習得期間、医療、介護資金との併用は、当該機関の修了まで。生活安定期は配偶者のない女子または男子となって7年未満で総額240万円まで。失業期間は離職した日の翌日から1年以内)

【特別】
一括(3か月相当)
一般 309,000円
技能 423,000円
(生活安定期間中の養育費取得のための裁判費用については、1,236,000円(12か月相当)まで)
知識技能習得後、医療・介護期間、生活安定期間の貸付、失業期間の貸付終了後 6か月 (1)技能取得 20年以内
(2)医療・介護 5年以内
(3)生活安定 8年以内
(4)失業 5年以内
住宅 母(寡婦)等が現に居住する住宅の補修・改築や建設購入に必要な資金 【一般】1,500,000円

【特別】災害、老朽化による増改築、移転改築の場合
2,000,000円
貸付けの日から6か月 一般  6年以内
特別  7年以内
転宅 住居の移転に際し必要な資金 260,000円 貸付けの日から6か月 3年以内
医療介護 母(寡婦)等または児童が医療または介護を受けるために必要な資金 【医療】 一般 340,000円
【介護】 500,000円
医療・介護を受ける期間の終了後6か月 5年以内
結婚 扶養する子供の婚姻に際し必要な資金 300,000円 貸付けの日から6か月 5年以内

指定期日までに償還しなかったときは、年5%の違約金が徴収されます。

別表1 修学資金貸付限度額(月額)一覧表(単位:円)

学校等種別 貸付限度額 備考
高等学校、専修学校 (高等課程) 国公立 自宅 27,000円  
自宅外 34,500円  
私立 自宅 45,000円  
自宅外 52,500円  
高等専門学校 国公立 自宅 31,500円 4・5年目は67,500円
自宅外 33,750円 4・5年目は76,500円
私立 自宅 48,000円 4・5年目は79,500円
自宅外 52,500円 4・5年目は90,000円
短期大学、専修学校(専門課程) 国公立 自宅 67,500円  
自宅外 76,500円  
私立 自宅 79,500円  
自宅外 90,000円  
大学 国公立 自宅 67,500円  
自宅外 76,500円  
私立 自宅 81,000円  
自宅外 96,000円  
大学院 修士課程 132,000円  
博士課程 183,000円  
専修学校(一般課程) 48,000円  

別表2 就学支度資金貸付限度額一覧表(単位:円)

学校等種別 貸付金額
高等学校、専修学校(一般・高等課程) 国公立 自宅 150,000円
自宅外 160,000円
私立 自宅 410,000円
自宅外 420,000円
高等専門学校、短期大学、
専修学校、大学(専門課程)
国公立 自宅 370,000円
自宅外 380,000円
私立 自宅 580,000円
自宅外 590,000円
大学院 国公立 380,000円
私立 590,000円
修業施設 自宅 90,000円
自宅外 100,000円

申請貸付にあたっての確認及び注意事項

 貸付を受けようとする方は、保証人が1名必要です。(資金等によっては、2名必要な場合があります。)

  • 修学・修業・就職支度・就学支度資金については、直接資金を利用される児童(対象児童)も、連帯して債務を負担する連帯借主となり、母親・父親と協力して返済にあたる責任を負うこととなります。
  • 資金の返済については、月賦・半年賦・年賦から選ぶことができます。
  • 返済期間については資金ごとに異なります。

事前相談

貸付を受ける方は、母子・父子自立支援員による事前相談が必要です。事前に子育て支援課までご連絡ください。

お問い合わせ

子育て支援課

電話番号:0898-36-1529
メール:kosodate@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1