トップページ子育て支援課児童手当(旧子ども手当)

児童手当(旧子ども手当)

平成24年4月分から、「子ども手当」は「児童手当」に変わりました。

支給対象

 「児童手当」は、中学校卒業まで(15歳に達した後最初の3月31日まで)のお子様を養育している方に支給するものです。支給対象は、これまでの子ども手当と同様です。

所得制限・支給額

 平成24年6月分の手当から所得制限が導入されます。所得制限以上の場合は、児童(中学生以下)1人につき5千円(月額)が支給されます。所得制限未満の場合の支給額は、これまでと同じです。

所得制限限度額 平成24年6月分から適用

扶養親族等の数 所得額 収入額
0人 622.0万円 833.3万円
1人 660.0万円 875.6万円
2人 698.0万円 917.8万円
3人 736.0万円 960.0万円
4人 774.0万円 1,002.1万円
5人 812.0万円 1,042.1万円

扶養親族等が6人以上の場合は、1人につき38万円を加算(所得額ベース)

手当月額

年齢 支給額(月額)
0歳~3歳未満 15,000円(一律)
3歳~小学校終了前 第1子、第2子  10,000円
第3子以降  15,000円(注)
中学生 10,000円(一律)
所得制限以上の場合 (0歳~中学生) 5,000円(一律)

(注)18歳の誕生日後最初の3月31日までの間にある児童を数えます。

児童の数の数え方・支給額の具体例

養育するお子さんが4人いて、次の年齢の場合

年齢 19歳 17歳 10歳 5歳
児童の数の数え方 対象外 第1子 第2子 第3子
支給額 対象外 対象外 10,000円 15,000円

支給(予定)日

 児童手当は、年3回(2月、6月、10月)に分けて、4か月分ずつ支給します。平成24年10月に支給する手当(6月分〜9月分)から所得制限が導入されます。

支給(予定)日 支給月分
2月10日 10月〜1月分
6月10日 2月分〜5月分
10月10日 6月分〜9月分

※土日祝日の場合は、直前の平日になります。

申請手続

注意

 転出予定日や出生日など受給資格が生じた日の翌日から数えて15日以内に、必ず請求手続きを行ってください。請求手続きが遅れた場合は、遅れた月分の手当をお受けになれません。

認定請求の手続きに必要なもの

平成28年1月1日より、行政手続における個人番号の利用等に関する法律の一部施行により4と5と6が追加になります。お手数ですが手続きの際にお持ちくださいますようお願いいたします。

  1. 請求者(生計中心者)の認印
  2. 請求者名義の保険証の写し(厚生年金保険等に加入している方のみ)
  3. 請求者名義の通帳(通帳の表紙を一枚めくったページ)またはキャッシュカードの写し《請求者以外の口座には振込になれません》
  4. 請求者と配偶者の個人番号を確認する書類(例えば通知カードなど)
  5. 窓口に来られた方の身元確認書類
    ※運転免許証、パスポート、個人番号カードなど官公署発行の顔写真つきの身分証明書は1点
    ※上記をそろえることが不可能な場合は、保険証、年金手帳など官公署発行の身分証明書を2点ご提示ください。
  6. 委任状
    ※請求者以外の方が窓口に来られる場合に必要です。請求者本人が来られるときは必要ございません。

※このほか、必要に応じて所得課税証明書や住民票など、ほかの書類をご提出いただくことがあります。

現況届

 所得の状況やお子様の養育状況を確認するため、6月初旬に現況届をお送りしますので、必要事項を記入、押印し、必要書類を添付のうえ、同封する返信用封筒で、6月30日までに提出してください。現況届を提出されないと、6月分以降の手当を受け取れませんので、必ず提出してください。

その他

  • お子様が海外に住んでいる場合は、手当を受け取ることはできません。ただし、お子様が海外の学校に留学している方は、手当を受け取ることができる場合があります。
  • 離婚協議中で父母が別居している場合(住民票が別になっている場合)は、お子様と同居している方が優先して受給者となります。
    手続きには、離婚協議中であることを確認できる書類が必要です。
  • お子様が児童養護施設などに入所されている場合は、父母ではなく入所している施設の設置者等が手当を受け取ります。 児童養護施設等を退所された場合に、父母が手当を受け取るためには、請求手続きが必要です。退所された日の翌日から数えて15日以内に、請求手続きを行ってください。
  • 父母が国外に居住し、お子様は父母の送金で生活している場合、お子様と同居する者で父母が指定した者が手当を受け取れます。
  • 未成年後見人がいるお子様は、未成年後見人が手当を受け取れます。

各種手続きについて

届出等の種類 提出を必要とするとき
認定請求書
  • 出生などにより新たに児童を養育することになったとき
  • 市外から今治市に転入したとき
  • 児童が児童養護施設などを退所したとき
現況届 受給中の手当を継続して受けようとするとき(6月)
額改定認定請求書 額改定届 児童手当の受給者で、出生などにより養育する児童が増えたとき、または監護しなくなったなどにより養育する児童が減ったとき
氏名 住所 変更届 氏名や住所を変更したとき
受給事由消滅届
  • 受給者が市外に転出したとき
  • 受給者が公務員になったとき
金融機関変更届 受給者名義の別の口座に変更するとき
申立書
  • 単身赴任などで児童と別居しているとき
  • 孫など自分の子でない児童を養育監護しているとき
申立書(海外留学) 児童が海外留学しているとき
申立書(未成年後見人) 児童に親権者がいない場合などに法定代理人が申請するとき
申立書(同居父母) 離婚協議中で父と母が別居の場合などに、児童と同居する父または母が申請するとき
父母指定者指定届 父母等が海外にいて、児童が国内にいる場合に、児童手当を受け取る者を父母が指定するとき
未支払児童手当請求書 受給者が死亡したとき

お問い合わせ

子育て支援課

電話番号:0898-36-1529
メール:kosodate@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1