瓦のふるさと公園

場所:今治市菊間町浜3067

 菊間町といえば「瓦」ですね。その瓦をテーマにした公園がJR菊間駅の山側にある「瓦のふるさと公園」です。
 園内には菊間瓦の歴史と伝統を紹介する「かわら館」から、粘土細工が体験できる「実習館」、約100種類900株の四季咲きのバラが美しく咲く「バラ公園」が整備されていて、見所、遊びどころがいっぱいです。

瓦のふるさと公園の写真
瓦のふるさと公園のほぼ全景です。高台にある時計台が目印です

遊具も充実していて、中でも全長120mのローラー滑り台は子どもだけでなく大人も楽しめること間違いなし! 正面に広がる瀬戸内海をながめながら滑っていくと身も心も軽やかになってきます。

瓦のふるさと公園の写真
滑り台からは雄大な景色を堪能できます。思わず「ヤッホー」

駐車場も完備され、トイレもかわら館前と時計台にありますので、子どもが「トイレー」の緊急時にも安心です。

瓦のふるさと公園の写真
瓦粘土で制作された干支の置物「子(ね)」です

 園内の散策には「干支ロード」がお薦めです。この干支ロードの紹介レポートは来月の「きらりんネット-子どもと楽しむ伝統行事」に掲載する予定ですので、お楽しみにね。
 知っているようで知らなかった菊間瓦が身近に感じてくる、そんな公園が「瓦のふるさと公園」です。

問合先 瓦のふるさと公園かわら館(菊間町浜3067) 
電話0898-54-5755
※ホームページ http://www.city.imabari.ehime.jp/kouen/kawara/

※内容は2015年12月現在のものです。