バスに乗って行こう 玉川・せせらぎ交流館の巻

 秋の行楽シーズンを迎え、あちこちへとお出掛けしている方も多いかと思いますが、今回はバスで市内を巡る、その名も「バスに乗って行こう~玉川・せせらぎ交流館」の巻です。

行き先地は、玉川のせせらぎ交流館。のんびりとバスで市内を巡って、ゆっくりと温泉に入って、それからおいしい食事を楽しむ、約45分のバスの旅の始まりです。
 出発は我が家から近い今治桟橋停留所。2016年7月にオープンした「みなと交流センター」(愛称、はーばりー)にあります。ここで2番乗場の鈍川経由・神子森(みこのもり)行に乗ります。気になる運賃は大人片道で630円だけど、 土曜日・日曜日、祝日などは大人1名に同行する小学生以下の子ども2名まで無料で乗車できる「エコとくキッズデー」制度があるので、とてもお得です(知ってました!?)。

バスの時刻表やエコとくキッズデーの詳しいことはこちらまで。
瀬戸内運輸株式会社のホームページ(外部サイト)

今回は娘(小1と3歳)とのバスの旅です。それでは、「しゅっぱーつ」。

バスに乗って行こう 玉川・せせらぎ交流館の巻の写真
はーばりーから出発です

バスに乗って行こう 玉川・せせらぎ交流館の巻の写真
ゆったりとした車内で楽しんでいます

バスに乗って行こう 玉川・せせらぎ交流館の巻の写真
せせらぎ交流館前停留所に到着しました

バスに乗って行こう 玉川・せせらぎ交流館の巻の写真
せせらぎ交流館をバックにポーズ

 「とうちゃーく」。ということで、無事、せせらぎ交流館前停留所に着きました。バスの旅はこれで終わりですが、今回の目的地であるせせらぎ交流館は停留所のすぐそばです。

せせらぎ交流館の情報はこちらから。
鈍川温泉組合のホームページ(外部サイト)
※子育て応援カードもお忘れなく。入浴料に割り引きがありますよ。

 せせらぎ交流館のすぐ横には川が流れていて、森林浴と相まってリラクゼーションの効果もありますよ。散策のあとは、なめらかで肌ざわりのいい温泉に入って、食事を楽しみます。

バスに乗って行こう 玉川・せせらぎ交流館の巻の写真
川遊びも楽しめます(川の流れには気をつけてくださいね)

バスに乗って行こう 玉川・せせらぎ交流館の巻の写真
「いただきまーす。」ハンバーグ定食(美味! 写真左のごはんは大盛り)です

 今回は帰りの時間の都合で、パパには自家用車でせせらぎ交流館まで来てもらいました。片道だけのバス旅行でしたが、子どもたちもちょっとした、おでかけ気分を味わったようで、車窓から見える風景を楽しんでいました。

※内容は2016年10月現在のものです。