菊間の名瀑(めいばく) 歌仙滝(かせんたき)

場所:愛媛県今治市菊間町

 日一日と暖かくなり、家族そろっての外出が楽しみな季節になってきましたね。今回は今治市内でも数少ない滝の見所の一つを紹介します。そこは菊間にある歌仙(かせん)滝です。まずはその全貌をご覧ください。

歌仙滝(かせんたき)の写真
この日(2月18日)は結構な水の量でした
※時期によって水量は変わります

歌仙滝(かせんたき)の写真
水は冷たいけれど、「気持ちいいー」

 歌仙滝は、36間(約65m)もの高さがあり、これが平安時代の和歌に秀でた36人の歌人、三十六歌仙にちなんで滝の名前になったそうです。古くから地元の人によって整備がされ、記録によると享保12(1727)年には、松山藩の許可により、住民2,000人余りが出て石垣、石段などの施設が整えられ、現在は歌仙公園として親しまれています。先人の思いが今にも伝わっているようですね。

歌仙滝(かせんたき)の写真
園内には堂宇がまつられています

 昔から彼岸中日には縁日で賑わっていたそうで、今年は3月20日(月曜日・春分の日)に「歌仙の滝祭」が行われます。この催しは亡くなった人の供養が行われるとともに、太鼓の演奏や農産物の販売や豚汁の無料配布が予定されています。

歌仙滝(かせんたき)の写真 歌仙滝(かせんたき)の写真
子どもたちは橋を渡ったり、野草つみにと夢中になって遊んでいました

 市内からだと車で約30分。子どもたちは園内を存分に走り回って楽しんでいました。私は森林浴で心身ともにリフレッシュできたようです。二人の娘の感想です。
長女(小1) 「ぜんぶ、とってもたのしかったです。こんどはおべんとうをもって、みんなでピクニックにいきたいです」
次女(3歳) 「また、こんどいきたいです」

 交通アクセスなど詳しいことは、今治市ホームページのイベント情報をご確認ください。歌仙滝から500mほど離れたところには霧合(むごう)の滝があります。こちらも是非、ご覧ください。

今治市イベント情報 3月(歌仙の滝祭)

施設について

  • 駐車場、トイレ(和式のみ)完備。あずま屋もありますよ。
  • 少し山道を登るようなところもあるので、汚れてもいいはきやすい靴でお出かけすることをおすすめします。
  • 問合先 今治市役所 菊間支所 電話番号:0898-54-3450

※内容は2017年3月現在のものです。