今治自然塾

 平成23年4月17日にオープンした今治自然塾は、平成23年3月31日にオープンしたしまなみアースランド内にあります。
 今治自然塾は、深刻化する環境問題への理解を深めると同時に自分の暮らしを見つめ直し、環境問題に取り組むことを目指して、環境教育プログラムを行っています。
 環境問題に取り組むにあたり、「~しない」という強制的な取り組みには限界があります。今治自然塾では、“自分で気が付くこと”を大切に考えています。

 環境教育プログラムは、しまなみアースランド内で行っています。
公園内には色や形が様々に工夫された大島石などによって造られた屋外環境教育施設があり、その施設にて環境教育プログラムを行います。監修元である富良野自然塾(※)にて研修を受けたインストラクターがみなさんをご案内します。一つ一つの大島石に意味があり、インストラクターの解説が加わることにより、その意味を理解していただけます。

(※)富良野自然塾

 ドラマ「北の国から」・「優しい時間」・「風のガーデン」などの脚本で有名な作家・倉本聰氏を塾長とする、NPO法人富良野自然塾は、2006年春から閉鎖されたゴルフ場跡地(6ホール、34ha)に植樹をして元々あった森に還していく「自然返還事業」と、そのフィールドを使って環境教育プログラムを実施する「環境教育事業」を2本の柱に活動しています。

石の地球
石の地球

地球の道
地球の道

 今治自然塾は、富良野自然塾の全面協力・監修の元に造られ、倉本氏らによって考案された、富良野自然塾で行われている環境教育プログラムを取り入れています。
 この環境教育プログラムは、現在、日本の環境教育の一つのモデルとして注目を集め、全国に広がっています。富良野自然塾に次いで2番目に今治自然塾がオープンし、その後、同月内に京都自然塾もオープンしました。今後もこの自然塾の輪は広がる予定です。
 新しい形での環境教育を、是非ご体験ください。

 プログラムの詳細は、環境教育プログラム 内容紹介をご確認ください。

参考

 また、幼児を対象にした環境教育プログラム「森育(もりいく)」を行い、幅広い世代へアプローチできるよう取り組んでいます。しまなみアースランドの自然を活かした自然体験型の環境教育です。
 (「森育」は今治自然塾独自の取り組みです)

森育(もりいく)の内容紹介