トップページ公園緑地課しまなみアースランド今治自然塾 環境教育プログラム 内容紹介

今治自然塾

今治自然塾 環境教育プログラムの内容紹介

地球を知り 環境問題を学び 未来を考える

“環境問題”を抱えた“地球”に暮らす私たち

“地球”とは どんな星でしょうか?
“環境問題”とは どんな問題でしょうか?

今治自然塾では
地球を知るところから始め、
直面している環境問題を身体と心で感じます。

そしてどんな未来が待っているのか
どんな未来を創りたいのか
共に考えましょう。

必要なものは好奇心と想像力だけです。

環境問題と向き合う“きっかけづくり”の
今治自然塾 環境教育プログラム。
緑の教室・裸足の道・石の地球・地球の道
インストラクターがご案内します。

環境プログラム コース

環境プログラム コース 地球の道 緑の教室 裸足の道

(1)緑の教室

 今治自然塾の活動の根っこ(原点)をお話しします。
 私たち動物は、植物がなければ生きてはいけません。草や木の“葉っぱ”が私たちの命に大きく関わっていることをお話しします。

 人間が生きるために本当に大切なものは何か、原点に立ち返って考えます。

(2)裸足の道

裸足の道

 人間には五感がありますが、現代の便利な生活の中で私たちは“視覚”に大きく頼って生活しています。その視覚を目隠しによって閉ざし、砂、草、軽石、などの様々な素材で造られた道を裸足で歩きます。視覚以外の感覚を呼び覚まし、自然を身体で感じます。

 どんな音が聞こえるでしょうか?どんな匂いがするでしょうか?足の裏の感触は?

 環境問題を考えるとき、まずは自分自身が地球の変化に気が付くことが大切です。五感を使うことを思い出してみましょう。

(3)石の地球

 地球の内側(構造)と、外側(海・陸地のある表面)について、地球の模型を使ってお話しします。当たり前のように使っている水や森(木材や紙等)が直面している現状を解説し、私たちの暮らしを見直します。
 また、地球が“奇跡の星”と呼ばれるゆえんをお話しします。

 私たちは地球に暮らしています。その地球を知ることが環境を考える第一歩です。

(4)地球の道

 46億年の地球の歴史を460mの距離に置き換え、“地球”と“生物の誕生と進化”の物語を、インストラクターの解説と共に、過去からたどっていきます。

 地球の歴史の中には、もちろん私たち人類の歴史も刻まれています。
 人類はどこで誕生するのでしょうか?そして今後、私たちはどんな歴史を歩んでいくのでしょうか?

 地球の過去を振り返りながら、私たち人類の生き方や、未来について考えます。