トップページ契約課 工事検査室工事検査室の主な業務内容

工事検査室の主な業務内容

設計審査

請負工事、業務委託等の設計が、経済的かつ工事の目的に適合した内容となっているか公平・公正な立場で審査を行なっています。

しゅん工検査等

 工事契約書、設計図書、写真その他関係書類に基づいて、工事の施工体制、実施状況、出来形、品質及び出来ばえについて検査を行なっています。
 検査に際しては、本市が発注する公共工事が適正に行われているか、「客観的な眼で公平・公正・誠実に」をモットーとして、検査を行なっています。
 契約課では契約課発注にかかる工事を対象に、次のような検査を行なっています。
 (維持修繕工事など、50万円未満の工事は原則として工事担当課が行います。)

検査の種類

しゅん工検査

工事等が完了し、引き渡しを受ける前に確認を行なう検査です。
検査の結果が適正であれば、引き渡しが行なわれ契約代金の支払いが行なわれます。

出来形検査

工事がある程度の段階になり、部分払いの請求があった時や、指定した部分を工事が完了する前に使用したいときなどに行ないます。検査はしゅん工検査と同様に行い完了部分に応じ支払いが行なわれます。

中間検査

市が必要と判断したときに行なう施工途中段階の検査です。
完成後では確認が出来なくなり、施工上の重要な部分等で設計図書との適合を確認しておき、出来るだけ手戻りを少なくするために行う検査です。しゅん工検査を補うもので引き渡しと契約代金の支払いは行なわれません。

お問い合わせ

契約課 工事検査室

電話番号:0898-36-1560
メール:keiyaku@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1