トップページ高齢介護課介護保険負担割合証が交付されます

介護保険負担割合証が交付されます

 現在、お持ちの介護保険負担割合証(クリーム色)の有効期限は7月末までとなっております。8月から使用する負担割合証を、7月下旬に要介護(支援)認定等を受けているみなさまのご自宅あてに郵送しますので、負担割合証が届いたら、内容を確認してください。
 負担割合証は、介護保険被保険者証(だいだい色)と一緒に保管し、介護サービスをご利用の際には、必ず2枚一緒に介護サービス事業所に提示してください。

 ご自身の負担割合が1割なのか2割なのか確認しましょう。
 一定以上所得者は、利用者負担割合が2割となります。 それ以外の方は、利用者負担割合が1割となります。

ご自身の負担割合が1割なのか2割なのか確認しましょう。一定以上所得者は、利用者負担割合が2割、それ以外の方は、利用者負担割合が1割となります。

介護保険負担割合証は、茶色の封筒でお送りします。

負担割合証の交付時期

すでに要介護(支援)認定等を受けている方

前年の所得により負担割合を決定し、毎年7月に交付されます。

新しく要介護(支援)認定等を受けようとする方

認定等結果の通知と合わせて交付されます。

適用期間中に、世帯構成の変更や所得更正によって負担割合が変更になった方

当該事実を確認した翌月に、新しい負担割合証が(再)交付されます。
(高齢介護課への申請や書類提出などの手続きは必要ありません。)

負担割合証の適用期間

8月1日~翌年の7月31日まで
※世帯構成の変更や所得更正があった場合は、上記適用期間中でも負担割合が変更となる場合があります。

適用期間中に、負担割合の変更がある場合

  • 世帯構成の変更により負担割合が変更になった場合には、変更のあった翌月(変更日が1日の場合は当 月)から負担割合が変更され、新しい負担割合証が交付されます。
  • 所得更正により負担割合が変更になった場合は、直近の8月まで適用年月日を遡った負担割合証が再交付されます。 また、下記のとおり被保険者本人と今治市の間で調整が行われます。
    • 負担割合が1割から2割に変更 ⇒多すぎた給付分を返還するよう請求があります。
    • 負担割合が2割から1割に変更 ⇒多く支払った1割分が給付されます。
  • 40~64歳の方は、みなさま1割負担ですが、適用期間(8月1日~翌年7月31日)内に65歳を迎えられる方は65歳到達月に再判定を行います。再判定により2割負担となった場合は、65歳到達月の翌月(到達日が1日の場合は当月)から負担割合が変更されます。

2割負担の対象となる方

65歳以上で、本人の合計所得金額が160万円以上の方
(ただし、上記に該当する方でも、同一世帯の65歳以上の方(第1号被保険者)の「年金収入+その他の合計所得金額」が単身で280万円、2人以上で346万円を下回る場合は1割負担となります。)

※2割負担となるのは、一定以上の所得を有する本人のみとなり、同一世帯でもそれぞれ負担割合が異なることがあります。

※利用者の負担額には、月額の限度額(高額介護サービス費の仕組み)があるため、実際の負担は、負担割合が2割になったすべての方が2倍になるわけではありません。

利用者負担の判定の流れ

※「合計所得金額」とは、収入から公的年金等控除や給与所得控除、必要経費を控除した後で、基礎控除・人的控除などの控除をする前の所得金額をいいます。

※「世帯」とは、住民基本台帳上の世帯を指します。

※「その他の合計所得金額」とは、合計所得金額から、年金の雑所得を除いた所得金額をいいます。

お問い合わせ

高齢介護課

電話番号:0898-36-1526
メール:kourei@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1