今治港の年表

天保4年(1833) 天保山完成
明治3年(1870) 飯忠七 押切船で今治-大阪航路開設

写真1
沖の本船と通い船

明治9年(1876) 飯忠七 蒸気船(大阪航路)を誘致
明治30年(1897) 飯忠七 今治-宇品航路開設
明治43年(1910) 今治尾道間鉄道連絡船就航
大正3年(1914) 港湾修築計画

写真2
築港礎石の沈下作業

大正9年(1920) 第1期工事に着手(東防波堤築造)
市制実施
大正10年(1921) 重要港湾に指定
大正11年(1922) 開港場に指定
神戸税関今治支署を設置
大正12年(1923) 第1期工事完成
引き続き第2期工事が向9か年継続事業として、内務省神戸土木出張所の所管により着工
大正13年(1924) 今治港務所開設
昭和9年(1934) 第2期工事完成
(東防波堤100m延長、荷揚場、浮き桟橋、貯木場、内港船溜)

写真3
今治港全景

昭和20年(1945) 戦災により沖洲倉庫2棟焼失
昭和22年(1947) 第1桟橋取替え(軍艦「摂津」改造)
昭和23年(1948) 海上保安署設置
沖洲倉庫2棟再築(837平方メートル)
昭和25年(1950) 港務所3階建に改築
天保山倉庫5棟完成

写真4
大正13年建築、昭和25年3階部分を増築

昭和26年(1951) 港湾法に基づく重要港湾の指定
昭和27年(1952) 運輸大臣の認可により、今治市管理港となる
昭和30年(1955) 植物防疫港に指定(農林省令第55号)
昭和34年(1959) 今治・三原間にフェリー就航
第2桟橋新調取替え

写真5
今治~三原間に就航したフェリーボート「あき」

昭和37年(1962) 波止浜港を今治港域に編入(港則法)
海上保安部に昇格
植物防疫法による木材輸入港に指定
昭和38年(1963) 今治・下田水間にフェリー就航
昭和39年(1964) 今治港港湾隣接地域を指定
今治・尾道間に水中翼船就航

写真6
今治尾道間に水中翼船就航

昭和40年(1965) 第1桟橋新調取替え(3浮函)
臨港地区の指定を受ける
昭和41年(1966) 新たな港湾計画を策定
片原町フェリー桟橋築造
昭和42年(1967) 一文字防波堤700m完成
今治港湾ビル完成 (鉄筋コンクリート造地上5階地下1階、塔屋1階建)
昭和43年(1968) 農林省神戸植物防疫所今治出張所開設
昭和44年(1969) 龍登川水面貯木場(33655平方メートル)開設
沖洲上屋倉庫(鉄筋コンクリート造、地上2階一部3階)完成
昭和45年(1970) 第3桟橋をフェリー専用桟橋に改良
港湾法に基づく港湾区域変更の許可を受ける
台風10号により東防波堤、第1桟橋、第2桟橋、片原フェリー桟橋が流出、沈没、クレーン全壊
片原町フェリー桟橋復旧
新港湾建設工事着工

写真7
昭和45年8月21日台風10号により崩壊された第一桟橋

昭和46年(1971) 第1桟橋渡橋、桟橋3函
第2桟橋1函新造復旧
東防波堤(幅員9.8m)復旧
昭和47年(1972) 今治・三原高速艇就航
大型フェリー施設岸壁(-6.0m)完成
今治・神戸大型フェリー就航
昭和48年(1973) 蔵敷地区臨海土地造成工事完成
昭和49年(1974) 台風16号により中型フェリー可動橋故障、廃棄処分
第1桟橋沈没引き揚げ復旧
昭和50年(1975) 今治・竹原間に高速艇就航
昭和51年(1976) 蔵敷地区一部供用開始 (物揚場-4.0m・300m)
第3桟橋待合所(131.76平方メートル)完成
今治・井口間に高速艇就航
蔵敷地区護岸(防波)完成
蔵敷地区岸壁(-7.5m)完成
昭和52年(1977) 今治・伯方間に高速艇就航
鳥生臨海土地造成事業着手
昭和53年(1978) 今治臨港地区の指定(変更)を受ける
蔵敷地区岸壁(-9.0m)完成
蔵敷地区岸壁供用開始 (-9.0m・165m/-7.5m・140m)
昭和54年(1979) 港則法に基づく港域拡張
植物防疫所指定輸入
木材消毒実施区域(8,284平方メートル)完成
鳥生地区岸壁(-5.5m)完成
新港湾岸壁(-5.5m・450m)供用開始
鳥生岸壁(-5.5m・180m)供用開始
コンテナ船入港開始(高麗海運)
大三島橋供用開始
コンテナヤード(保税上屋)1,600?完成

写真8
コンテナ船初入港 船名:クローバー

昭和55年(1980) 蔵敷上屋3棟2,640平方メートル完成
鳥生地区臨港道路完成
鳥生地区臨海土地造成(183,000平方メートル)完成
蔵敷ふ頭事務所(473平方メートル)完成
昭和57年(1982) 東防波堤100m延長完成
昭和58年(1983) 鳥生岸壁(-5.5m)完成
内港物揚場(-4.0m)完成
昭和59年(1984) 港湾計画を改訂
港湾計画を一部変更
昭和61年(1986) 荷役機械(35.3t)蔵敷岸壁に設置
港湾法に基づく港湾区域変更の許可を受ける
今治ポートルネッサンス21調査
昭和62年(1987) 今治富田地区公有水面埋立免許
富田地区港湾整備に着手
港則法による港域の拡張
昭和63年(1988) 伯方大島大橋完成に伴い航路再編(縮小)
来島大橋着工
小型フェリー施設改良(-4.0m・87m)
平成元年(1989) 消費税実施
平成2年(1990) 中型フェリー施設改良(-4.0m・27m延長)
美保町物揚場完成(-2.5m・530m)
平成4年(1992) 韓国・東南アジア定期コンテナ航路開設(興亜海運)
片原町緑地(ふれあいマリン広場)完成

写真9
フェリーのりば

平成6年(1994) 日韓定期コンテナ航路1便増便(朝陽商船)
内航フィーダー航路開設(神戸)
平成7年(1995) 内航フィーダー航路開設(東京)
浅川物揚場工事完成(-1.5m・169m)
コンテナ用リフト購入
富田臨海造成地の公募開始
富田地区埋立竣工認可
富田ふ頭供用開始(-12.0m・240m/-10.0m・185m/-4.0m・100m)
日韓定期コンテナ航路週3便

写真10
富田埠頭開港記念

平成8年(1996) 日韓定期コンテナ航路週4便
富田ふ頭ガントリークレーン1基設置
検疫法に基づく「無線検疫対象港」に指定
平成9年(1997) 内港フィーダー航路開設(福山・水島)
平成10年(1998) 港湾ビル緑地完成
富田緑地(多目的広場・ゲートボール場)供用開始
平成11年(1999) 港湾計画を改訂
内港フィーダー航路開設(水島・神戸)
内港フィーダー航路開設(神戸・大阪)
平成12年(2000) 稲わら等輸入指定港に指定
平成13年(2001) 日韓定期コンテナ航路の船社変更
朝陽商船の運行停止後、東南亜海運が、航路開設
平成14年(2002) 台湾・香港定期コンテナ航路開設
平成15年(2003) 興亜海運・高麗海運が共同配船
荷役機械(コンテナ用リフト)購入
平成16年(2004) 台風10 号により第1 桟橋ふ函沈没引揚復旧
平成17年(2005) 沖洲上屋倉庫鉄筋コンクリート造2階建解体
今治臨港地区の指定(変更)を受ける
富田埠頭管理棟(161.72 ㎡)竣工
平成19年(2007) 韓国定期コンテナ航路開設(南星海運)週5 便体制
平成20年(2008) シエンライン(旧東南亜海運)・長錦商船が共同配船、のち長錦商船の単独配船
平成22年(2010) 富田地区防波堤完成
第2桟橋の一部を「いまばり海の駅」として開設
平成23年(2011) 富田ふ頭レールマウント式ジブクレーン1基設置
富田地区防波堤完成(496m)
荷役機械(リーチスタッカー)購入

写真11
ジブクレーン設置