今治港の統計

入港船舶隻数の推移

入港船舶隻数の推移は、平成18年37,964隻、平成19年33,160隻、平成20年32,833隻、平成21年28,434隻、平成22年26,866隻、平成23年24,981隻、平成24年22,272隻、平成25年18,101隻、平成26年14,650隻、平成27年15,509隻

入港船舶総トン数の推移

入港船舶総トン数の推移は、平成18年約24,047千トン、平成19年約20,022千トン、平成20年約16,680千トン、平成21年約9,535千トン、平成22年約4,661千トン、平成23年約3,243千トン、平成24年約3,172千トン、平成25年約2,925千トン、平成26年約2,844千トン、平成27年約2,832千トン

船舶乗降人員の推移

船舶乗降人員の推移は、平成18年650千人、平成19年547千人、平成20年509千人、平成21年458千人、平成22年426千人、平成23年336千人、平成24年296千人、平成25年186千人、平成26年114千人、平成27年114千人

海上出入貨物の推移

海上出入貨物の推移は、平成18年8,449千トン、平成19年7,026千トン、平成20年6,358千トン、平成21年3,688千トン、平成22年2,087千トン、平成23年1,205千トン、平成24年1,066千トン、平成25年1,037千トン、平成26年1,160千トン、平成27年1,102千トン

自動車航送台数の推移

自動車航送台数の推移は、平成18年4181百台、平成19年3834百台、平成20年3584百台、平成21年2155百台、平成22年1100百台、平成23年318百台、平成24年199百台、平成25年182百台、平成26年175百台、平成27年182百台

コンテナ取扱量の推移

コンテナ取扱量の推移は、平成18年22,636TEU、平成19年20,749TEU、平成20年20,225TEU、平成21年23,403TEU、平成22年21,646TEU、平成23年21,920TEU、平成24年24,588TEU、平成25年27,640TEU、平成26年30,742TEU、平成27年31,948TEU

品種別移出状況(平成27年)

品種別移出状況(平成27年)は、フェリー貨物128,160トン、鋼材50,475トン、金属くず27,286トン、化学薬品24,379トン、その他13,140トン、合計243,440トン

品種別移入状況(平成27年)

品種別移入状況(平成27年)は、フェリー貨物127,470トン、鋼材200,070トン、非金属鉱物129,722トン、砂・砂利46,500トン、セメント45,739トン、紙・パルプ8,010トン、その他24,446トン、合計581,957トン

品種別輸出状況(平成27年)

品種別輸出状況(平成27年)は、化学薬品74,158トン、非金属鉱物23,121トン、染料・塗料・合成樹脂19,093トン、その他製造工業品3,922トン、金属くず1,238トン、その他4,307トン、合計125,839トン

品種別輸入状況(平成27年)

品種別輸入状況(平成27年)は、非金属鉱物67,151トン、その他輸送用機械12,789トン、金属くず11,803トン、化学薬品9,058トン、製材9,044トン、鋼材7,799トン、染料・塗料・合成樹脂4,935トン、金属製品4,208トン、衣類・身廻品等4,174トン、非鉄金属3,010トン、産業機械2,780トン、その他繊維工業品2,450トン、その他12,302トン、合計151,503トン

国別輸出状況(平成27年)

国別輸出状況(平成27年)は合計125,839トン。内訳は韓国30%、中国25%、タイ41%、ベトナム11%、オランダ34%、ロシア26%、その他33%。

国別輸入状況(平成27年)

国別輸入状況(平成27年)は合計合計151,503トン。内訳は、タイ46.23%、中国17.36%、韓国16.09%、カナダ5.86%、フィリピン2.40%、ベトナム2.20%、インドネシア1.93%、サウジアラビア1.68%、マレーシア1.61%、シンガポール1.18%、パキスタン1.15%、その他2.31%。