寄せられたご意見と回答

平成28年1月

児童虐待防止の啓発について

内容

 子どもへの悲惨な虐待が多く、事件を聞くたびに心がえぐられます。子どもは社会の宝です。今治市の活性化にも子どもたちの元気な笑顔が必要です。今治市でもオレンジリボンキャンペーンなど虐待防止の意識を市民に広く根付かせるように活動を企画してください。子どもたちが健やかに笑顔で成長できるような街づくりをお願いします。

(平成28年1月31日受付 市内 女性 40代)

回答

 児童虐待による痛ましい事件が後を絶たず、つい最近もマスコミに大きく取り上げられていたのは、誠に悲しく残念でなりません。
 児童虐待については、これを未然に防止し、また早期に発見し対応することが大切です。そのため、当市におきましては、児童虐待防止対策として今治市要保護児童対策地域協議会を設置しています。同協議会は、医療、保健、教育、福祉等の関係機関で構成し、連携を図りながら、心配な子ども達の支援を行っています。
 当市の虐待通報件数は、年間100件を超えており年々増加傾向にあります。児童虐待の早期発見、早期対応につなげるため、虐待防止講演会や広報「いまばり」での啓発、ポスター掲示を行っておりますが、今後も市民の皆様に見える形で児童虐待防止活動の周知に努めてまいりますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。