寄せられたご意見と回答

平成28年3月

母子家庭のシェアハウスについて

内容

 県外では母子家庭同士のシェアハウスが御座います。今治市では、無理なんでしょうか? 実際、今治市は、愛媛県内では個人企業が多く、母子家庭では、子供の休み等で会社から自主退職を進められ生活が苦しい家庭が多くあります。市営も、母子だからと優先ではありませんよね?事実、他の方と同様にくじ引きですよね?母子家庭同士のシェアハウスを作っていただくか、各自母子家庭同士でシェアをする、収入、母子手当ても、各家庭で計算としていただきたいです。現に生活が苦しいと言っている母子家庭の方も沢山おられます。どうか、ご検討のほど御願い致します。

(平成28年3月11日受付 市内 女性 20代)

回答

 メールを拝読いたしました。母子家庭同士のシェアハウスについてのお問合せに、お答えいたします。
 現在、市営住宅につきましては、法の縛りもあり、ひとり親家庭のためのシェアハウス計画はございません。無条件でというわけにはいかないかもしれませんが、民間住宅にシェアハウスとして居住できる可能性はあると思われます。シェアハウスに住まれる場合、適当と判断されれば、世帯ごとの母子手当(児童扶養手当)の支給は可能です。詳細な条件などは担当課(子育て支援課 本庁第1別館4階 電話0898-36-1529)にお気軽にご相談ください。 
 ひとり親家庭の皆様が、いきいきと安心して暮らせるまちづくりの実現を目指してまいりますので、ご理解をいただきたく存じます。

波方小学校前の横断歩道について

内容

 こんにちは。どの課に言えばいいのかわからなかったので、市長さん宛で失礼いたします。うちは波方ですが、波方小学校前の横断歩道がとても薄くなっております。近くにはテクノ波方などがあり、造船関係の大きなダンプが通ります。学校になじみのない地元の人間でない人にとっては、緩やかなカーブなので、校門がわかりづらく、横断歩道が見えなければあそこから児童たちが出てくるのを予測しづらいと思います。気になって他の学校の校門前の横断歩道を見てみたりしますが、やはり毎日児童が通るので、薄くなっている学校もあります。
 できれば、学校前の横断歩道は線を引きなおしてくれるとありがたいです。

(平成28年3月26日受付 市内 女性 40代)

回答

 日頃より、本市行政にご理解・ご協力をいただきましてありがとうございます。
 ○○様のおっしゃるとおり、大型車が多く通行する道路などでは、横断歩道や停止線が薄くなったり消えたりして、確認ができなくなっている場所がございますが、横断歩道や停止線につきましては、警察が管理しております。
 つきましては、早急に今治市から警察へ依頼をいたします。なお、市からだけでなく、地元の方から直接お伝えいただいた方が、スムースに実施される場合もございますので、できましたら、○○様からも今治警察署にご一報いただければ幸いに存じます。
 貴重なご意見をいただき、ありがとうございました。これからも、警察署や国、県などとも連携をして、交通事故防止に努めてまいりますので、ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。