寄せられたご意見と回答

平成28年6月

しまなみ海道の通行料について

内容

 5年程前に島に嫁ぎました。子供ができ、医療費が無料なのは大変助かっています。しかし、島には小児科がないので通院等になるとしまなみ海道を渡るのに大変お金がかかります。これから、仕事を探そうと思っていますが島には働く所がなく、市内で探そうと思っています。そうなると、やはりしまなみ海道を渡らなくてはいけないので、毎月何万もの出費になります。
 市内に買い物、親の介護、妊婦検診、他にも色々としまなみ海道を使う事はあります。私達島で生活している者にとったら、しまなみ海道は生活道路なのです。
 値引きや、定期のような物を作って頂けると嬉しいです。

(平成28年6月1日受付 市内 女性 30代)

回答

 メール拝読いたしました。
 しまなみ海道を日々の生活道路として頻繁に利用されている沿線住民の皆様にとりまして通行料金が大変なご負担となっておりますことは、十分理解しております。
 これまでも、しまなみ海道の通行料金の引下げや割引制度の継続・充実のため、国土交通省、本四高速道路会社及び関係機関に対し、継続して粘り強く要望してまいりました。こうした要望活動もあり各種の割引制度が実施されておりました。
 しかしながら、国土交通省において、建設借金の返済や料金割引のための財源の確保など、厳しい財政事情や通行料金の不平等感もあり、しまなみ海道を含めた全国高速道路の通行料金制度の見直しが進められ、平成26年4月1日より、全国統一の通行料金体系になっております。
 この料金体系の決定時には、借金返済についても議論され、本四高速道路会社の莫大な借金を東日本、中日本、西日本高速道路会社(ネクスコ3社)とまとめて管理し、4社の料金収入から返済することとなりました。結果的に、他の高速道路利用者の料金収入を本四高速道路会社の借金にあてることとなり、しまなみ海道の基本料金の減額が実現しました。
 このような支援を受ける形となったこと、全国統一の料金体系が確立されたことから、しまなみ海道の通行料金だけを特別にさらに減額・割引するということは、現時点においては難しい状況です。
 市としましては、ご意見のありました「値引き」や「定期」を今治市だけの財源によって実現することは財政的にも困難であり、沿線住民の皆様のご負担は十分承知しておりますので、今後も、国土交通省、本四高速道路会社及び関係機関に対し、生活道路として頻繁に利用している実情を訴えてまいりたいと考えておりますので、ご理解の程、よろしくお願いします。

(追記)
 なお、ご心配の通勤での利用につきましては、割引制度(平日朝夕割引)がありますので、ご活用ください。

亀老山展望台周辺の草刈りについて

内容

 先日、大島の亀老山の展望台へ行きました。その道中、草は伸び放題、また、展望台も草木が伸び放題で整備されてなくて、せっかくの綺麗な来島海峡大橋が台無しな感じです。全国から観光で来ていただいてるのに残念な環境です。初めてではないですが造られた頃はもっと綺麗に整備されてたと思います。来年は国体もありますし、綺麗な今治市、そして愛媛県を見てもらいたいです。

(平成28年6月27日受付 市外 女性 30代)

回答

 メールを拝見させていただきました。貴重な提言をいただきありがとうございます。
 亀老山展望公園につきましては、現在、雑草の状況に応じ年に数回草刈りを実施し、景観の保全に努めており、展望台周辺草刈りの作業は、明日7月15日(金曜日)に実施予定です。また、林道の草刈りは来週実施を予定しています。
 亀老山展望公園は、世界的な口コミ旅行サイト「トリップアドバイザー」が発表した「行ってよかった!日本の展望スポットランキング2016」において、清水寺(京都市)・東京都庁舎に続き3位にランキングされました。
 そのため、これからはより多くの観光客の皆様がお越しになると期待されます。皆様を気持よくお迎えし、壮大なパノラマ景観を楽しんでいただくために、今後は草刈りによる環境保全にはより一層注意してまいりたいと考えておりますので、ご理解を賜りますようお願いいたします。