トップページ市長室施政方針・あいさつ集平成24年 9月定例会

施政方針・あいさつ集

平成24年 9月定例会

 おはようございます。
 本日、第5回定例市議会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、ご参集を賜り、開会の運びとなりましたことを、厚くお礼申し上げます。
 まず、先月の29日になりますが、本市にとりましても大変喜ばしい知らせがございましたので、ご報告させていただきます。
 イタリアで開幕いたしましたヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展において、伊東豊雄さんが展示統括者を務めておられます日本館の展示『ここに、建築は、可能か』が、世界55か国による国別参加部門で最優秀賞である金獅子賞を受賞されました。100年以上の歴史を持つヴェネチア・ビエンナーレは、「芸術のオリンピック」とも称される国際展覧会で、美術、音楽、映画、演劇、建築の各部門を持ち、映画部門ではあの世界の黒澤明監督が金獅子賞を受賞されたのが有名であります。
 日本館の展示『ここに、建築は、可能か』は、東日本大震災の被災地、岩手県陸前高田市に、人々が集まることができる木造の家「みんなの家」を建築しようとする試みのなかで、大震災後の建築のあるべき姿を問いかけた作品で、若手建築家や地元出身の写真家との協同作業によるものとなっているようでございます。折しも、今月23日には、そのプロジェクトの参加者の1人である建築家の乾久美子さんを今治市伊東豊雄建築ミュージアムにお迎えして、「地域と建築 これからのまちづくりを考える」と題した建築セミナーが開催されます。
 世界で認められた伊東さんのご活躍に心から敬意を表しますとともに、「みんなの家」のプロジェクトの活動が大きな成果を挙げられますよう祈念申し上げたいと思います。
 続きまして、台湾財団法人「自行車新文化基金会」の会長であり、世界最大の自転車メーカーの会長でもある劉会長をはじめとする訪問団をお迎えして、5月に実施しました「台日交流瀬戸内しまなみ海道サイクリング」に対する答礼と、サイクリングによる交流や観光客誘致のトップセールスのため、明日から13日までの3日間、台湾を訪問してまいります。訪問期間中は、愛媛・広島両県知事や尾道市長と合流いたしまして、ジャイアント本社の訪問や約50キロメートルに亘るサイクリングなども予定しておりますので、しっかりと「世界のサイクリストの聖地・しまなみ海道」の情報発信に努めてまいりますとともに、今議会にも予算案を提出しておりますが、平成26年に開催予定の瀬戸内しま博覧会におけるしまなみ海道・国際サイクリング大会の成功へ繋げてまいりたいと考えております。
 なお、議会開会中のことでもあり、快くご理解を賜りました議員各位に対しまして、厚くお礼申し上げたいと思います。
 さて、今議会に提出いたしました案件は、補正予算案が2件、条例案が4件、その他の議案が12件、専決処分などの報告が2件、合わせて20件でございます。
 それでは案件の主なものについて申し上げます。
 まず、「農林水産業費」でございます。
 担い手不足による就農者の高齢化や大規模農家の離農による耕作放棄地の増加など、地域農業の衰退が非常に懸念されておりますが、こういった課題に柔軟に対応ができる組織として、既存の集落営農組織の規模拡大を支援するとともに、越智今治農業協同組合が出資設立した新たな組織であります株式会社ファーム咲創が実施いたします、耕作に必要な機械整備などを支援する予算を計上いたしております。地域で耕作されなくなった農地を預かり、新規就農希望者に2年間の農業研修を実施した後、担い手として就農をしていただこうという試みでございまして、今年度は、9.73ヘクタールの農地で3名の就農希望者とともに、米、麦を中心とした耕作を実施する計画のようでございます。地道な取り組みでございますが、この先20年、30年と継続して営農ができる担い手が育つよう支援してまいりたいと考えております。
 続きまして、「商工費」でございますが、昨年度、国の支援を頂きまして開催しましたところ、大変好評でありました今治ABC祭でございますが、今年度も来年の2月に開催する予定でございますので、所要の予算を計上させていただきました。
 また、昨年末まで放送のありましたNHKのスペシャルドラマ「坂の上の雲」の撮影に使われ、現在松山城ロープウェイ駅舎3階に設置しております28センチ榴弾砲のレプリカを、大変ありがたいことに松山市さんのご厚意により、譲渡していただけることとなりましたので、日露戦争当時の砲台跡があります小島の観光休憩所横に移設する経費を計上させていただきました。
 これらのほかにも、小中学校5校の耐震化を推進する耐震診断と工事実施設計の委託料や、県や関係市町とともに開催に向けて推進しております瀬戸内しま博覧会の実行委員会等への負担金、地方航路運航費補助金、県の内示に合わせた土地改良事業など所要の予算を計上させていただいております。
 また、議案では、新都市のしまなみの杜の土地約1万平方メートルを今治互助センター株式会社さんに購入していただけることとなりましたので、それを処分する議案などを提出しております。
 なお、提案いたしております案件の詳細につきましては、後ほど副市長から説明申し上げますので、よろしく審議のほどお願い申し上げます。以上でございます。