トップページ市長室施政方針・あいさつ集平成25年 9月定例会

施政方針・あいさつ集

平成25年 9月定例会

 おはようございます。
 本日、第5回定例市議会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、ご参集を賜り、開会の運びとなりましたことを、厚くお礼申し上げます。
 まず初めに、昨年の8月より改修工事を行ってまいりました公会堂が、この度、無事竣工をし、装いも新たにリニューアルオープンいたしました。先月の31日には完成記念式典を盛大に開催することができ、このうえない喜びであります。ご多用の中を御臨席賜りました愛媛県知事並びに、地元国会、県会議員の先生方、市議会の皆様方、各種団体の皆様方など多くの御来賓の方々に、厚くお礼を申し上げます。
 特に松山、西条、尾道、上島の隣市隣町の首長の皆様方には、代理ではなく、ご本人の出席を得て花を添えて頂きましたことを、たいへん有難く感謝を申し上げる次第であります。
また、式典に続く「トワエモワ」ミニコンサートは、とても温かい雰囲気の中、会場が一体となって新装成った公会堂を祝うことができたと感じております。
 ご承知のとおり、公会堂は、本市の名誉市民であり、日本が世界に誇る建築家・丹下健三氏の設計による建造物でございます。折しも、本年は、丹下健三氏生誕100周年の年にあたり、そのようなときに落成できたことは、丹下家の皆様にとりましても喜ばしい事と拝察いたします。今回の改修にあたりましては、楽屋の新設や舞台の拡張、また、音響・照明効果の向上など、より快適に御利用、御観覧いただける施設になったと思っております。加えまして、緞帳には文化勲章を受章されました平山郁夫画伯による、我が今治の青い海と緑の島影、そしてそれをつなぐ来島海峡大橋と光あふれる瀬戸内の風景が見事に描かれた、「天(あま)かける白い橋・瀬戸内しまなみ海道」が全面に織り込まれております。緞帳のお披露目では、その雄大なスケール感に、会場からも思わず感嘆の声が漏れておりました。
 また、今月の8日には記念行事の一環として、櫻井よしこ氏をお招きして「世界が変わる、21世紀の展望」と題して講演会を開催いたしました。たいへん多くの市民の方々の参加を得て、演題のとおり大きく変わりつつある世界情勢の中での、日本のあり方を考える良い機会を得ることができたと思っております。
 これまで完成を待ち望んでいらした多くの市民の皆様方には、何かと御不便やら御迷惑をおかけいたしましたが、どうか、この新しくなった公会堂をこれからも末長くご活用いただき、一層の御愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
 次に、西中学校横に新給食調理場が完成し、2学期から日高小、乃万小、南中、西中、合わせまして4校へ給食の提供を始めております。食育を効果的に推進し、学校給食の充実につなげ、子どもたちの夢づくりに貢献してほしいとの思いから、「夢づくり調理場」と名付けました。ご案内のとおり、本市では、かねてから地元産の食材を積極的に活用し、地産地消を推進してまいりました。また、当調理場は、衛生管理にも特段配慮したすばらしい施設になったものと自負いたしております。どうか、この新調理場が次代を担う子どもたちの食育の推進に寄与できるよう祈念するとともに、今後も安心安全でおいしい給食を提供してまいりたいと考えております。
 続きまして、「なんばグランド花月 伝統工芸看板の受け渡し式」が、去る9月3日に行われ、いぶし瓦工芸士の小泉信三(しんぞう)氏によって制作されました菊間瓦の芸人看板を、吉本興業の人気芸人である坂田利夫氏に代表してお渡しすることができました。吉本興業グループが、2012年に創業100周年を迎えたのを機に、「なんばグランド花月」のリニューアルに合わせ、全国から選りすぐりの伝統技術で制作された看板を募集したところ、菊間瓦を含む9作品が大賞に選定されたものであります。本年10月9日からの約3か月間、我が愛媛県を代表する伝統工芸の菊間瓦が「なんばグランド花月」の玄関に彩りを添える予定でございます。もちろん、全国の大勢の皆様方に知っていただけるよう期待するとともに、笑いの殿堂にあやかって、今治市民の皆様方も、ともに明るく健やかに過ごすことができるよう、心より祈念申し上げております。
 次に、先週の7日になりますが、愛媛県の中村知事、県議会議員の皆様方や県の幹部職員の皆様方、また、県内の首長の皆様方など総勢約120名とご一緒に、私も、しまなみ海道のサイクリングを楽しみましたのでご報告させていただきます。いよいよ、10月20日に迫りました「サイクリングしまなみ2013」の開催に向けて、この度、愛媛県知事からのお声掛けがあり、有志によるサイクリングが実現したものでございます。さわやかな季節を迎え、自分たちの手でイベントを成功させようと集まった仲間たちとともに、夢中でペダルをこぎ、美しい海と瀬戸内に浮かぶ島々が織りなす絶景を眺めながら感じる潮風は格別で、本当に気持ちのよいものでございました。来年10月には「瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会」の開催が予定されております。しまなみ海道を是非、世界中の人々にも堪能していただき、また、「サイクリストの聖地」として認知していただきたいと思いますし、本市といたしましても、こうしたイベントを契機に地域の活性化に繋げていけるよう全力で取組んでまいりたいと思っております。
 さて、今議会に提出いたしました案件は、補正予算案が3件、条例案が4件、その他の議案が18件、専決処分などの報告が2件、合わせて27件でございます。
 それでは案件の主なものについて申し上げます。
 まず、みなと再生事業でございます。これまで議論を重ねてまいりました、みなと交流センターにつきまして、実施に向けた諸準備が整いましたので、本議会には、整備に係ります工事費や、施工監理業務委託料の予算を計上いたしております。今後も皆様方のご理解やご協力をいただきながら、「交通のみなと」から「交流のみなと」をコンセプトとして、賑わいや交流が生まれる「海のコンコース」の実現を目指し、事業の進捗を図ってまいりたいと考えております。
 次に、市内中心部地区統合小学校の整備費でございます。平成27年4月に予定されております、今治、美須賀、日吉、城東の小学校4校の統合に伴いまして、美須賀中学校跡地に整備いたします吹揚小学校の校舎や調理場などの建設工事費の予算を計上させていただいております。
 続きまして、地域の金融機関と連携をしながら、地域資源を活用した先進的で持続可能な事業に対する、地域経済循環創造事業費補助金を計上させていただいております。農地等を活用した地産地消の促進や、高齢者、障害者及びUターン者、Iターン者の新たな雇用の場の創出に取組もうとするNPO法人に対しまして、支援してまいりたいと考えております。
 また、かねてから念願でありました関前地区への給水につきまして、大変ありがたいことに、関係者の皆様のご理解とご尽力によりまして、愛媛県と広島県との間で用水供給に関する基本協定が締結されましたので、越境供給に伴う関前地区簡易水道の経営変更認可業務や設計等の委託料を計上させていただいております。平成29年4月の用水供給の実現に向け、取組んでまいる所存でございます。
 これらのほかにも、波方港フェリー跡地の旧事務所を再利用した、なみかた海の交流センター(仮称)の整備費、地方航路運航費補助金や昨年度大変好評をいただきました今治ABC(えびす)祭の開催に対する助成、梅雨前線豪雨等に伴う水防活動費や被災した農業用施設等の災害復旧費など所要の予算を計上しております。
 また、議案では、平成29年度に開催されます愛媛国体に向けた、大新田公園の球場改修や新都市スポーツパークのテニスコート整備に関する契約議案などを提出しております。
 なお、提案いたしております案件の詳細につきましては、後ほど副市長から説明申し上げますので、よろしく審議のほどお願い申し上げます。以上です。