トップページ市長室施政方針・あいさつ集平成29年 2月臨時市議会

施政方針・あいさつ集

平成29年 2月臨時市議会

 おはようございます。
 本日、平成29年の第1回臨時市議会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、ご参集を賜り、開会の運びとなりましたことを、心よりお礼申し上げます。
 さて、このたびの市長選挙におきまして、皆様のご支援をいただき、引き続き3期目の市政を担わせていただくこととなりました。無投票当選という結果に、市民の皆様の期待の大きさを感じるとともに、施政の舵取り役としての使命と責任の重さに、改めまして身の引き締まる思いでございます。初心を忘れることなく、今治市の発展のため、誠心誠意、全力で取り組んでまいりますので、議員各位におかれましても、どうかご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
 合わせまして、今回の市議会議員選挙におきまして、激戦を勝ち抜かれ、見事当選を果たされました、ここにおられます議員の皆様に対しまして、衷心よりお喜びを申し上げます。
 振り返ってみますと、私も12回の選挙を戦ってきたわけでありますが、最初の町議選の時は33歳でした。厳しい選挙戦でした。地盤がなく若者の勢いだけで取り組んできた、そして時に君が出てくるには10年早いよと叱咤されることもあり、本当に暗闇の中で、人の心をつかむことがいかほどに難しいかといったこと、強く感じたあの頃を今思い起こしております。よくぞ新人の皆さん頑張ってこられました。文字通り初心を忘れることなく、どうぞ今治市政発展のためよろしくお願いをいたします。そしてベテランの皆様方、今治市は、今本当に大変大切な時を迎えております。もちろん一年一年が大切でありますが、とりわけ平成29年は重い1年であると思っております。それぞれの使命感を市政に反映させていただきますことを、心からお願い申し上げます。今後の皆様方のご活躍をご祈念申し上げ、お祝いの言葉にかえさせていただいたらと思います。
 さて、このたび、今治市が加盟している「2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合」の主催する、『旅する新虎マーケット』が、東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムと選手村を結ぶ「新虎通り」、近くには皆様よくご存知の虎ノ門ヒルズという大きな建物がありますけれども、この新虎通りを舞台に開催されることとなりました。これは、全国津々浦々の「ヒト」「モノ」「コト」の魅力をこの地に集め、効果的に発信することで地方創生へとつなげるプロジエクトであります。
 ちなみに、「2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合」は、経済産業省の方々からヒントを得た新潟県三条市の國定市長さんが発起人となり、東京オリンピック・パラリンピックは、実は東京だけのものではなく、これを機会として日本各地の持っている魅力、特産品等をしっかりと世界にアピールしよう、ということで始まったものであり、私はこの趣旨に大いに賛同し、とりわけ我が今治タオルを世界に広めたい、願わくばオリンピック選手の方々の首に今治タオルをかけたい、という願いを込めて参加させていただいたものであります。
 本市は、2月24日のオープンから「木の芽風と薫風」(このめかぜとくんぷう)をテーマに展開される「旅するスタンド」にトップバッターで出展をしており、今治名物の焼豚玉子飯や今治焼き鳥などの食をメインコンテンツとして、先ほど申し上げました今治タオルや伝統工芸品など、「ものづくりの技」を国内外に発信してまいります。
 なお、私の就任3期目の施政の方針につきましては、次の3月定例市議会において、所信を述べさせていただきたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。
 さて、本臨時会にご提出申し上げております案件は、専決処分についての報告議案1件でございます。
 詳細につきましては、後ほど副市長から説明を申し上げますので、ご審議のほどよろしくお願いを申しあげます。