義務食育

(1)小学5年生向け食育カリキュラムの作成

 平成16年より小学生向けの食育カリキュラムの開発を開始し、2年間にわたるモデル授業を実施した成果を取り纏め、小学校5年生向けの食育副読本、指導教諭向けの学習指導要領、教員研修用DVD、食育授業に必要な教材(小腸の模型、うんち模型、内臓Tシャツなど)を作成し、全校に配布しました。19年度の夏休み期間中に教員研修会を実施し、2学期よりそれぞれの小学校で各校工夫を凝らした食育授業が取り組まれています。

写真
小学5年生向けの食育副読本・指導要領・DVD

(2)学校農園での農産物栽培体験

 市内の小学校では、学校農園での農産物の栽培体験を行っており、そこで収穫された野菜の一部を、学校給食で使用する取り組みを行っています。

ぼくら、わたしたちの学校で地産地消 (学校給食課のページ)

(3)学童農園(saisaiKIDS倶楽部)

 市内の直売所さいさいきて屋では、小学生を対象とした学童農園を行っています。直売所に併設された農園で、もち米を栽培し、店頭でそのもち米を使って餅をついて販売したり、自分たちで収穫した夏野菜を使ったカレーを調理したり、柑橘の収穫体験など、年9回開催され、好評を博しています。

JAおちいまばりホームページ「食と農の大切さを学ぶ「saisaiKIDS倶楽部」」

写真2
saisaiKIDSで自分達がついたお餅を販売している様子

お問い合わせ

農林振興課

電話番号:0898-36-1542
メール:nourin@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1