トップページリサイクル推進課事業系ごみ(事業所から出るごみ)とは

事業系ごみ(事業所から出るごみ)とは

  一般の家庭から出されるごみと区別して、会社やお店などから出る事業活動に伴って生じた廃棄物(ごみ)のことを「事業系ごみ」と言います。
 事業系ごみには、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)」で定める「産業廃棄物(特別管理産業廃棄物含む)」「事業系一般廃棄物」とがあり、産業廃棄物(特別管理産業廃棄物含む)は法律で20種類が定められ、また、産業廃棄物以外の廃棄物を事業系一般廃棄物と定義しています。
 なお、事業系ごみのなかには、分別することで「資源」になるものも含まれていますので、限りある資源を大切にするとともに、定められた処理方法による適正な処理をお願いいたします。

(注)事業活動とは、店舗・事務所・工場などの営利を目的としたものだけでなく、病院・学校・官公署などの公共サービス等や非営利の各種団体(NPO)なども含まれます。また、個人事業主の方も対象となります。

事業系ごみの処理責任

事業所から出るごみは、事業者自ら処理する責任があります。

  • 会社やお店などの事業所から排出される事業系ごみは、量の多少に関わらずその事業者が責任を持って適正に処理してください。
  • 家庭ごみの集積所に事業系ごみを排出した場合、不法投棄(廃棄物処理法違反)として罰せられる場合があります。

事業系ごみの分別・処理方法

 詳細はガイドブックでご確認ください。

  事業所ごみ分別・処理ガイドブック(PDF2.3MB)

※ガイドブックの内容は、ごみ分別アプリ「さんあ~る」でも確認できますので、ぜひご利用ください。

お問い合わせ

リサイクル推進課

電話番号:0898-36-1534
メール:recycle@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1