トップページリサイクル推進課事業系ごみの出し方

事業系ごみの出し方

 会社やお店などから出る事業活動に伴って生じた一般廃棄物(ごみ)のことを事業系一般廃棄物といいます。
 事業系一般廃棄物は、事業者自らの責任で処理する必要があります。

事業系一般廃棄物の分別と処理方法

伯方クリーンセンターでは、一部分別方法が異なるので事前にお問い合わせください。

燃やせるごみ(古紙・古布)

代表的な品物

新聞・雑誌(オフィス紙)・段ボール・紙パックなど
作業服・制服・デコレーションなどに使用した布

イメージ図1 イメージ図2

分別方法

  • 新聞は、折込広告含む。
  • 雑誌は、オフィス紙など
  • バインダーや金具など紙外のものは取り外す。
  • 段ボールは、粘着テープなどは取り除く。
  • 紙パックは、アルミはく等の付いているものを除く。
  • 布は、十文字に紐で縛る。 (綿入りのものは燃やせるごみ)

処理方法

古紙業者か今治市許可業者に収集運搬を委託するか、自ら古紙業者に持ち込む。

燃やせるごみ(燃やせるごみ)

代表的な品物

汚れてリサイクルできない紙や布・ビニールコート紙・カーボン紙など

イメージ図3

分別方法

  • 透明または半透明の袋に入れる。
  • 糸くず・反物等は1m程度に切る。
  • 糸巻き等は芯を取り除くこと。(芯は材質に応じてそれぞれ分別する。)

処理方法

今治市許可業者に収集運搬を委託するか、自らクリーンセンターに搬入する。

燃やせるごみ(生ごみなど)

代表的な品物

野菜や魚の骨、及び木くずなど

イメージ図4

分別方法

ごみとして処理する場合は、よく水を切り透明または半透明の袋に入れる。

処理方法

ごみとして処理する場合は、今治市許可業者に収集運搬を委託するか、自らクリーンセンターに搬入する。
なお、木くずについては、できるだけ自ら木くず業者に搬入してください。

燃やせないごみ

代表的な品物

ボールペン・物差し・バケツ・ハサミ・カッター・バインダーの金具など

イメージ図5

分別方法

  • 透明または半透明の袋に入れる。
  • 刃物など鋭利な物は紙または布で包み危険のないようにする。

処理方法

今治市許可業者に収集運搬を委託するか、自ら金属業者(金物類)またはクリーンセンター搬入する。

燃やせないごみ(資源ごみ)

代表的な品物

びん・空き缶・ペットボトル

分別方法

資源ごみの分別ルールをご確認ください。

軟質プラスチックごみ

代表的な品物

お菓子などのビニール袋・発泡スチロールなど

イメージ図6

分別方法

透明または半透明の袋に入れる。

処理方法

今治市許可業者に収集運搬を委託するか、自らクリーンセンターに搬入する。

有害ごみ

代表的な品物

蛍光灯・乾電池など

イメージ図7

分別方法

蛍光灯・乾電池などにそれぞれ分別する。

処理方法

購入した店舗等に処理をお願いするか、産業廃棄物の許可業者に委託する。

粗大ごみ

代表的な品物

事務机・椅子・ロッカーなど

イメージ図8

分別方法

  • 燃やせるごみ・燃やせないごみに分別をする。
  • 2mを超えるものは、2m以下にする。

処理方法

今治市許可業者に収集運搬を委託するか、自らクリーンセンターに搬入する。
なお、金物類については、できるだけ自ら金属業者に搬入してください。

クリーンセンターへの受け入れ日時及び処理手数料(資源ごみを除く) 

月曜日~金曜日(祝日を含む)

午前9時から午後3時30分

土曜日(祝日を含む)

午前9時から午前11時 (大島・伯方・大三島クリーンセンターは休みです。)

休日

日曜日、1月1日から1月3日

処理手数料

10kgまでごとに100円

お問い合わせ

リサイクル推進課

電話番号:0898-36-1534
メール:recycle@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1