トップページリサイクル推進課資源ごみの出し方

資源ごみの出し方

どのようなごみを出すの?
いつ出すの?
どこに出すの?
資源ごみ集積所への出し方
びんの出し方
資源ごみ集積所設置店

どのようなごみを出すの?

 家庭から出る資源ごみ(10品目)が対象となります。なお、有害ごみ・危険ごみもあわせて出してください。

資源ごみ(10品目)

  1. 空き缶
  2. ペットボトル(飲料、酒類、しょうゆの容器)
  3. 無色びん
  4. 茶色びん
  5. その他びん
  6. 新聞
  7. 雑誌・雑紙
  8. 段ボール
  9. 紙パック
  10. 古着・古布

 

有害ごみ

乾電池、ボタン型電池、小型充電式電池、蛍光管、水銀体温計、水銀温度計、水銀血圧計

危険ごみ

スプレー缶等、ガスボンベ缶、ライター等

いつ出すの?

資源ごみの収集日(毎月2回)に各地域で取り決めた「排出時間内」に出してください。
午前8時30分から収集車が回収します。

決められた時間以外に出すのは絶対にやめてください。

どこに出すの?

資源ごみ集積所(リサイクルステーション)に次の専用容器(網袋、コンテナ)を用意しますので、種類別に分けてはだかで出してください。(収集車が種類別に容器ごと回収します)

  • 資源ごみ集積所の場所については、あらかじめ各自で確認しておいてください。(自治会の役員さんにお尋ねになるか、各地区住民センターで確認してください。)
  • 燃やせるごみ、燃やせないごみ、軟質プラスチックごみは、今までどおりの集積所へ出してください。

ペットボトル・空き缶

網袋(ネット)に入れてください。

びん・有害ごみ・危険ごみ

黄色いコンテナ(48cm×63cm×31cm)に入れてください。

紙類・布類

紙類・布類は、種類ごとにひもで十文字にしばって直接地面においてください。

資源ごみ集積所への出し方

びん・空き缶・ペットボトル

  1. キャップ・ふたをはずし、軽く水洗いする。
  2. 資源ごみ集積所の専用容器にはだかで出す。

びん(出せるもの・出し方)

  • 飲み物や食べ物が入っていたびん・化粧品びん
  • コンテナへ3色(無色・茶色・その他色)に分けて出す。
  • 飲食用・化粧品びんでも油分が多いものは、燃やせないごみへ出す。
  • リターナブルびん(ビールびん・一升びんなど)は、できるだけ販売店へ返す。
  • 割らないように注意する。

空き缶(出せるもの・出し方)

  • 飲み物や食べ物が入っていた缶(ペットのえさ、お菓子の缶なども可)

ペットボトル(出せるもの・出し方)

  • 飲料用、酒類用、醤油用、みりん風調味料、食酢、調味酢などのペットボトル
  • 焼肉のたれ、ドレッシング類など油分が多いものは、燃やせないごみへ出す。

有害ごみ(出せるもの・出し方)

  • 蛍光管、乾電池、水銀体温計など水銀が入ったもの
  • 白熱電球など水銀が入っていないものは、燃やせないごみへ出す。
  • 電動アシスト自転車の充電式電池は、販売店へ返す。
  • 割らないように注意する。

危険ごみ(出せるもの・出し方)【平成23年4月1日から分別収集開始】

  • スプレー缶等、ガスボンベ缶、ライターなど
  • プラスチック製のキャップをはずす。(はずしたキャップ等はそれぞれの分別ルールにしたがって出す。)
  • 必ず中身を使い切るか、ガス抜き(穴あけ)をして出す。
  • ※ガス抜きをする際には、風通しがよく、火の気の無い屋外の平らな場所で作業してください。

紙類・布類

  1. 雨天時や雨が予想される場合は、排出を控える。(カビの発生原因になるため)
  2. 資源ごみ集積所に、じか置きする。

紙類(出せるもの・出し方)

  • 新聞紙、段ボール、雑誌・雑紙、紙パック(内側が白いもの)
  • 種類ごとに分け、ひもで十文字にしばってはだかで出す。
  • 紙パックは洗って、開き、乾かしてから出す。
  • 新聞の折り込み広告などは、新聞紙といっしょに出す。
  • 内側が銀色の紙パックは、燃やせるごみで出す。

布類(出せるもの・出し方)

  • 衣類、布類、シーツ、タオル、毛布、着物など
  • 布団類、カーペットは、資源になりません。
  • ひもで十文字にしばってはだかで出す。

びんの出し方

出せないもの(燃やせないごみへ)

  • ガラス食器(コップ・皿)
    ガラス食器(コップ・皿)
  • 耐熱ガラス
    耐熱ガラス
  • 陶器・石
    陶器・石
  • 乳白色のびん
    乳白色のびん
  • 農薬・劇薬びん
    農薬・劇薬びん
  • 異物の混入による欠陥びん
    異物の混入による欠陥びん
  • びん以外のガラス製品(ガラス食器、耐熱ガラス、板ガラスなど)や陶器(茶わん、湯飲み)などの異物は、欠陥びんの原因になります。
  • 農薬・劇薬が入っていたびんは、リサイクルの過程で有害なガスが発生するおそれがあります。
  • 割れたびん。
  • 化粧品びんの中でも乳白色のびんはガラスびんの原料にできません。

お問い合わせ

リサイクル推進課

電話番号:0898-36-1534
メール:recycle@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1