粗大ごみ

粗大ごみ受付日程

平成29年度 粗大ごみ受付日程表(PDF 1728KB)

粗大ごみの出し方

1.地区別申込先へ電話

住まいの地区の申込期間内に、地区別申込先へ電話をする。

※メモの用意をお願いします。
※申込期間などは毎年各家庭に配布している「ごみカレンダー」で確認してください。粗大ごみ受付日程表にも掲載しています。

2.処理手数料と申込番号をメモ

何の粗大ごみを何点出すのか伝えて、それぞれの処理手数料と申込番号をメモする。

※回収はおおむね翌週になります。
※処理手数料額は、主な粗大ごみの処理手数料一覧に掲載しています。

3.粗大ごみ処理券シールを購入

粗大ごみ処理券取扱店で「粗大ごみ処理券」シールを購入する。

今治市指定ごみ袋・粗大ごみ処理券 販売登録店一覧表(PDF 346KB)

粗大ごみ処理券シールみほん

4.シールを貼り、回収場所へ出す

申込時にメモした申込番号を記入し、料金分の「粗大ごみ処理券」シールを申し込んだ粗大ごみそれぞれに貼り付けて、回収日の朝8時半までに受付のときにお伝えした回収場所へ出す。

※一度購入した「粗大ごみ処理券」は返品およびお取替えできません。
※一度貼ってしまった「粗大ごみ処理券」をはがそうとすると破損してしまいます。破損した「粗大ごみ処理券」は再使用できないので、貼り付けるときは十分注意してください。
※「粗大ごみ処理券」シールが貼られていても、申し込んだもの以外は回収しません。また、クリーンセンターへ直接搬入した場合は、「粗大ごみ処理券」は使えません。シールの有無に関係なく、搬入重量によって処理手数料をいただきます。

主な粗大ごみの処理手数料

一般的なものは1点につき300円、著しく大きく重いものは1点につき600円です。
その他の品目の粗大ごみ処理手数料は、お申込時にご確認ください。

お申込時に手数料をお伝えしますので、粗大ごみ処理券取扱店で「粗大ごみ処理券」を購入し、申し込んだ粗大ごみそれぞれに貼り付けて出してください。

300円

衣装ケース ござ 畳※出せるのは一度に3枚まで ふとん(2枚)
いす こたつ(天板含む) たてす ベッド(シングル・ セミダブル)
一輪車 ゴルフクラブ(14本) チャイルドシート ベビーカー
乳母車 三輪車 机(両袖以外のもの) ほうき・棒ずり(3本)
応接いす・ソファー (1人掛け用) 自転車 テーブル ホースリール
カーテンレール(4本) 照明器具 テレビ台 ポリバケツ
カーペット・ じゅうたん すだれ(2個) 電子レンジ ミニコンポ(一式)
ガスレンジ ストーブ トタン板※出せるのは一度に3枚まで 毛布(2枚)
カラーボックス スピーカー(2個) なみ板※出せるのは一度に3枚まで 物干し竿(3本)
鏡台 扇風機 パイプハンガー 金属バット(3本)
掃除機 ファンヒーター 下駄箱・食器棚・たんす・戸棚(縦、横、高さのうち最も長い辺の長さが1.8m未満のもの)

600円

あんま機(いす型) エレクトーン・ オルガン 応接いす・ソファー (2人掛け用以上) 洗面台
机(両袖のもの) ベッド(ダブル・2段) 浴槽 ランニングマシン
下駄箱・食器棚・たんす・戸棚(縦、横、高さのうち最も長い辺の長さが1.8m以上のもの)

よくあるご質問

粗大ごみ戸別回収を有料化にするのはなぜですか。

 有料化を導入する目的は、大きく2つあります。
 1つはごみの減量対策です。今治市のごみ排出量は減少傾向にありますが、最終処分場の不足などにより、ごみの処理に毎年莫大な費用がかかっています。そこでさらに排出抑制を推進していくため、粗大ごみの有料化を導入いたします。排出される前に、修理して使用することができないか、他のものに再利用することができないかなどものを大切にし、ごみを減らす意識を持っていただくためです。
 もう1つは排出者負担の公平化です。一般ごみは有料の市指定ごみ袋により排出しています。また、クリーンセンターに持ち込んだ場合も従量制により有料としています。粗大ごみについても有料とし、ごみの排出に対する負担を公平にする観点から導入いたします。

1点300円、600円の料金設定の根拠は何ですか。

 市民の方がクリーンセンターへ直接持ち込んだときの料金を勘案し料金設定いたしました。総量110kg(平均重量の10点分)の粗大ごみをクリーンセンターに持ち込んだ場合、手数料は1,100円になります。この手数料に持ち込みにかかる車両経費や人件費相当分を加算しまして、1点300円に設定しました。同様に、持ち込んだ場合を勘案しまして、著しく大きく重いものは1点600円に設定いたしました。

いつでも申し込んで、いつでも収集に来てもらえるのですか。

 受付業務の適正や収集の効率を考えまして、地区(校区)ごとに年6回(およそ2か月に1回)の申込期間を設定しています。収集はおおむね申し込んだ日の翌週になります。申し込みが出来る時間は午前8時30分から午後5時15分までです。
 月曜日や祝日の翌日は電話が大変混み合いますので、電話がつながりにくい場合は時間を置くか他の曜日にお申し込みください。収集日の指定はできません。

2世帯住宅ですが2世帯分を一度に申し込んでもよろしいですか。

 2世帯住宅分を一度に申し込まれても差し支えございませんが、1世帯ごとの単位で受け付けいたします。なお、友人や近所の方の粗大ごみを一緒に申し込まれますと、行き違いの原因となり排出者の責任があやふやになりますので、他の方のごみの代理申し込みはお断りさせていただいております。

ベッドを分解したら数個になりますが、どのように出せばよいのですか。

 ベッドを家から出す際、分解することになると思います。枠組み、座板、枕棚などに分かれる場合は、ひとかたまりにして出してください。再度組み立てたり、ひもでくくる必要はありません。

出す粗大ごみが壊れています、申し込んでもよろしいですか。

 壊れていてもかまいません。壊れた部品が指定袋に入らないようなら、本体にひもでくくって出してください。
 粗大ごみは、指定ごみ袋に入らない大きさのもの又は指定ごみ袋が破れるような重いものを対象としています。壊れたものがそのまま指定ごみ袋に入るようでしたら分別して指定ごみ袋へ入れて口を縛り、普段のごみの日に出していただいてかまいません。(クリーンセンターで処理できないものは、袋に入っても出せません。)

粗大ごみ地区別申込先

お住まいの地区 申込先 電話・ファックス番号
旧今治市地区 粗大ごみ受付センター 電話番号:0898-25-5300
ファックス番号:0898-24-7530
朝倉地区 朝倉支所住民サービス課 電話番号:0898-56-2500
ファックス番号:0898-36-7015
玉川地区 玉川支所住民サービス課 電話番号:0898-55-2211
ファックス番号:0898-55-3123
波方地区 波方支所住民サービス課 電話番号:0898-41-7111
ファックス番号:0898-41-5562
大西地区 大西支所住民サービス課 電話番号:0898-53-3500
ファックス番号:0898-53-4835
菊間地区 菊間支所住民サービス課 電話番号:0898-54-3450
ファックス番号:0898-54-5254
吉海地区 吉海支所住民サービス課 電話番号:0897-84-2111
ファックス番号:0897-84-2115
宮窪地区 宮窪支所住民サービス課 電話番号:0897-86-2500
ファックス番号:0897-86-3828
伯方地区 伯方支所住民サービス課 電話番号:0897-72-1500
ファックス番号:0897-72-2838
上浦地区 上浦支所住民サービス課 電話番号:0897-87-3000
ファックス番号:0897-87-2237
大三島地区 大三島支所住民サービス課 電話番号:0897-82-0500
ファックス番号:0897-82-0661

関前地区にお住まいの方は、関前支所住民サービス課(電話番号 0897-88-2111・ファックス番号 0897-88-2350)へお問い合わせください。

お問い合わせ

リサイクル推進課

電話番号:0898-36-1534
メール:recycle@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1