トップページ生活環境課微小粒子状物質(PM2.5)について

微小粒子状物質(PM2.5)について

 愛媛県では、県内の大気汚染状況を把握するため、大気汚染測定局にて大気汚染物質を常時測定しています。
 微小粒子状物質(PM2.5)についても大気汚染測定局にて常時測定を行い、その結果については、環境省大気汚染物質広域監視システム(通称「そらまめ君」)及び愛媛県大気汚染常時監視テレメータシステムを通じ、リアルタイムで公開しています。

PM2.5とは

 大気中に浮遊する粒子状物質のうち、粒径2.5μm以下の特に小さい物質を指します。
 呼吸器疾患や循環器疾患への影響が懸念されています。

PM2.5の環境基準

1日の平均値:1m3あたり35マイクログラム以下
1年の平均値:1m3あたり15マイクログラム以下(平成21年9月9日告示)

関連リンク

愛媛県 微小粒子状物質(PM2.5)に係る測定結果の公開情報拡充について(外部サイト)
環境省大気汚染物質広域監視システム(通称「そらまめ君」)(外部サイト)
愛媛県大気汚染常時監視テレメータシステム監視情報(外部サイト)

お問い合わせ

生活環境課

電話番号:0898-36-1535
メール:seikan@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1