トップページ生活環境課天然ガス車(NGV)の導入

天然ガス車(NGV)の導入

今治市の天然ガス車の写真

 今治市では、四国の自治体で初めて、低公害車の天然ガス自動車2台を導入しました。

 天然ガス(主成分は、メタン)を燃料とする自動車で、ガソリン車やディーゼル車に比べて、窒素酸化物(NOX)や二酸化炭素(CO2)の排出量が少なく、硫黄酸化物(SOX)や黒煙(粒子状物質)が殆ど排出されない、環境負荷の小さい低公害車です。
 特に、二酸化炭素の排出量はガソリン車に比べて2~3割の削減ができ、地球温暖化防止に役立つものと期待しております。

 現在、今治市では、軽乗用タイプ(スズキワゴンR 上記写真 1充填走行距離 200km)と、バンタイプ(三菱リベロカーゴ 1充填走行距離 225km)です。この天然ガス車の導入をアピールすることによって、市の環境問題に取り組む姿勢を示すとともに、市民の皆さんが環境に優しいまちづくりに、私どもと一緒に取り組んでいただくための啓発活動にも利用していきたいと思っております。

お問い合わせ

生活環境課

電話番号:0898-36-1535
メール:seikan@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1