トップページ市民生活課道路交通法の一部が改正されました(平成25年12月施行)

道路交通法の一部が改正されました(平成25年12月施行)

改正の主なポイントは以下のとおりです。

悪質・危険運転者対策

1 無免許運転等に対する罰則強化

 無免許運転の罰則を現行の「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」から「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」に引き上げられます。無免許運転の下命・容認や不正手段により免許証を取得した場合の罰則も強化されます。

2 無免許運転幇助行為に対する罰則の新設

 無免許運転幇助に対して罰則が設けられます。
 無免許運転をする恐れがある者に自動車等を提供し、提供を受けた者が無免許運転をした場合は、「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」が、運転者が無免許であることを知りながら自動車等に乗せてくれるよう要求・依頼して同乗した場合は、「2年以下の懲役または30万円以下の罰金」が科されます。

自転車利用者対策

1 自転車を含む軽車両の路側帯通行方法(右側通行の禁止)

 改正前は自転車の走行できる路側帯は、左右どちらでも通行可能でしたが、自転車同士の事故防止や、自動車との正面衝突防止のため、道路左側の路側帯しか通行できなくなります。

2 制動装置(ブレーキ)整備不良自転車の検査等

 制動装置(ブレーキ)を備えない自転車が運転されている場合、警察官はその場で検査したり、ブレーキ整備や運転継続の禁止を命令することができるようになります。検査を拒んだり妨げたりした場合は「5万円以下の罰金」が科されます。

参考資料(愛媛県警察本部作成チラシ)

平成25年道路交通法一部改正(悪質・危険運転者対策)(PDF:264KB)
平成25年道路交通法一部改正(自転車利用者対策)(PDF:288KB)
自転車乗車時のヘルメット着用について(PDF:185KB)

お問い合わせ

市民生活課

電話番号:0898-36-1530
メール:seikatu@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1