トップページ市民生活課市民が共におこすまちづくり事業平成26年度 今治市市民が共におこすまちづくり事業実績報告

平成26年度 今治市市民が共におこすまちづくり事業実績報告

 今治市では、市民自らが企画し実施しているまちづくり事業に対して助成金を交付しています。平成26年度には審査により7団体が選ばれ、次のような活動を行いました。

補助対象団体一覧

今治スポーツ絆大会

ヨガ、ピラティス会 会長  渡辺 摩耶

交付額 500,000円
総事業額 1,018,194円

 参加募集人数以上となる137人の参加を頂き、あふれんばかりの笑顔と歓声に包まれました。本事業は、健康づくりに貢献するとともに、家族、友達の絆をよりいっそう深めるものとなりました。

「郷土の偉人 矢内原忠雄」顕彰事業

「矢内原忠雄顕彰」実行委員会 会長 新居田 大作

交付額 400,000円
総事業額 1,042,000円

元東京大学総長で、その生涯を真理と自由平和の為に捧げ、「教育界の父・日本の良心・平和の使徒」と呼ばれた偉人の生涯と業績を広く伝える為に、学習会、講習会の開催、冊子の刊行、資料展示、CD、DVDの製作等により顕彰することができました。

今治漁師町六次産業化推進事業

浜の夏祭り実行委員会  会長 河野 義光

交付額 500,000円
総事業額 2,580,065円

『浜の夏祭り2014』は『大人の夜市in寺町』との相乗効果もあり5,000人を超える来場者を数え、ステージイベント・海鮮屋台村・漁体験クルーズ・魚ふれあいイベントを通し、『港町・今治』の魅力を広く情報発信することが出来ました。

きくま再発見まちあるきマップ事業

ふれあいステーション菊間開設を考える会 会長 吉井 敏(さとし)

交付額 500,000円
総事業額 808,600円

3回のワークショップ(参加者延べ約100人)を開催して、菊間の見所を48ヵ所厳選して観光マップ(タイトルみるきくまわるきくま)を2,500部作製しました。マップは、観光施設やJR各駅等に配布しました。

吉海町津島の再生事業

特定非営利活動法人アクションアイランド 理事長 矢野 都林(くにしげ)

交付額 500,000円
総事業額 761,163円

篤志家寄贈の中古トレーラーハウスを津島に持ち込み修理を行い、宿泊出来る態勢を整えました。愛大生グループ(10人)が宿泊、吉海町老人クラブ(21人)が訪問し、島民と交流しました。

ハズミズム2014

ハズミズム 代表 豊島 吾一(ごいち)

交付額 500,000円
総事業額 1,886,645円

 市街地でのプレイベントと市民の森での音楽祭と合わせて約700人の来場者があり、良質な音楽とワークショップを子育て中のお母さんを中心に幅広い世代の方に楽しんで頂けました。

社会実験「街づくり協議会…町内会活性化を通じての街づくり」

街づくり協議会  会長 伊藤 雅章

交付額 294,000円
総事業額 421,108円

松山市と伊予市双海町において、地域における街づくりについて研修しました。AED講習、認知症サポーター講座受講の推進による自助・共助のネットワーク作りと手作り新聞の公民館便りへの掲載により、住民の交流・情報発信を図りました。

お問い合わせ

市民生活課

電話番号:0898-36-1530
メール:seikatu@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1