トップページ教育委員会 事務局 社会教育課今治市大三島少年自然の家

今治市大三島少年自然の家

 ロッジ風の宿泊棟9棟、屋内食堂棟、多目的研修室、管理棟をそれぞれウッドデッキでつないだ一体型の海辺の簡易宿泊施設です。
 野外炊事棟、野外食堂棟(座席128名)を完備しているので、小中学校の児童生徒の野外体験施設として、また、一般の方も低料金(※食事無し。素泊まりのみ)で利用できます。完全予約制。

外観1 外観2

施設概要

住所

今治市大三島町肥海4762番地1

電話番号

0897-82-0311

休所日

  • 11月から翌年3月までの水曜日
  • 11月から翌年3月までの土曜日、日曜日、国民の祝日及び年末年始(12月29日から翌年1月3日)の内、施設使用の予約が入っていない日

設備等

宿泊棟(全室冷暖房完備)

  • 宿泊棟の写真1
  • 宿泊棟の写真2
  • 宿泊棟の写真3
  • 宿泊棟の写真4

いろいろな施設

  • 研修棟の写真
    研修棟
  • 食堂棟の写真
    食堂棟
  • ミーティングルームの写真
    ミーティングルーム
  • 浴場の写真
    浴場
  • 野外食堂棟・野外炊事棟の写真
    野外食堂棟・野外炊事棟
  • キャンプファイヤー場の写真
    キャンプファイヤー場

宿泊定員数

256名

交通案内

尾道・今治から しまなみ海道 車で約40分
大三島I.Cから 車で約30分

バリアフリー状況

駐車場出入口通路 スロープ(傾斜)緩やかトイレ 入口段差なしトイレ 車椅子用トイレトイレ 洋式便器

【参考】バリアフリーマークの見方

使用の申し込みについて

申込先

今治市大三島少年自然の家

電話番号

0897-82-0311

ファックス

0897-82-0443

メール

sizennoie@imabari-city.jp 

備考

  • 使用を希望する日の2週間前までに申し込みをしてください。
  • 窓口・電話による申し込みは、開所日の午前8時30分から午後5時15分まで受け付けします。
  • ファックス・メールによる申し込みは、常時可能ですが、休所日・夜間の申し込みは、翌開所日の受け付けとなります。
  • 施設各棟内は「土足禁止」としていますので、上履きを利用者において準備してください。

使用料金表

※各区分の適用については必ず「FAQ(よくあるご質問)」の「利用区分」の項目をご確認ください。

食事料金表

学校関係(1人につき)

  朝食 昼食 夕食 飯ごう炊さん
小学生及び引率教職員 250円 350円 500円 500円
中学生及び引率教職員 270円 370円 510円 510円

青少年団体及びその他一般(1人につき)

  朝食 昼食 夕食 飯ごう炊さん
小学生 270円 370円 510円 510円
中学生 300円 430円 620円 620円
高・大・教・一般 330円 450円 670円 670円

※ここでいう「一般」とは、青少年団体とともに施設を利用する記録専属のカメラマンや、青少年の身体的補佐を行う保護者などを指します。通常の一般利用は該当しません。

その他の料金

名称 金額
飯ごう炊さん用薪 1人につき100円
キャンプファイヤー用組木 キャンプファイヤー1回につき5,000円

今治市大三島少年自然の家使用料

学校関係(1人につき)

  1日 1泊2日 延泊(1泊1日増すごとに)
小・中学生
引率教職員
600円 1,200円 600円

青少年団体(1人につき)

  1日 1泊2日 延泊(1泊1日増すごとに)
小・中学生 600円 1,200円 600円
高校生 650円 1,300円 650円
一般 800円 1,600円 800円

※ここでいう「一般」とは、青少年団体とともに施設を利用する記録専属のカメラマンや、青少年の身体的補佐を行う保護者などを指します。

その他一般(1人につき)

  1日 1泊2日 延泊(1泊1日増すごとに)
中学生以下 2,000円 1,000円
高校生以上 3,400円 1,700円

備考

  1. 1日の使用は、午前9時から午後4時までの使用とする。
  2. 原則として泊付きの使用は、使用開始の日の午後3時から使用終了の日の午前10時までの使用とする。ただし、学校又は青少年団体が使用する場合に限り、施設の管理運営上支障が無く特別な事情があると認められる場合は、使用開始の時間を午前11時、使用終了の時間を午後3時とする。泊付き使用の場合に規定の退所(チェックアウト)時間以降に施設を継続利用した場合は、1日の使用料金を追加徴収する。また、学校関係以外の利用者による入所(チェックイン)は使用開始日の午後0時から5時までとする。
  3. 泊付きの使用の場合は、シーツ使用料として1人当たり100円を別途徴収する。連泊利用によってシーツ交換を希望した場合は、その都度シーツ使用料を追加徴収する。

FAQ(よくあるご質問)

利用区分

1.青少年団体とはどのような団体ですか?

施設では研修活動が目的の学生などの団体で、グループの中に指導者や引率者がいる団体としています。大学のサークル活動などは、指導教員等がいる場合は、青少年団体となりますが、指導教員がいない場合には認められません。

2.小学生以下の利用には、料金はかからないですか?

使用料は、3歳以下のお子様は無料ですが、4歳以上のお子様については、小学生と同料金となります。

3.日帰りで施設を利用できますか?

他の利用者の受け入れをしていない場合であれば、学校関係及び青少年団体の利用についてのみ、規定の使用料金をお支払いいただければ可能です。

申込受付

1.利用者区分による申込みの受付順序はありますか?

原則として、学校関係及び青少年団体による宿泊型体験施設として設置しているため、このような団体を優先的に受付させていただいております。詳細についてはお問い合わせください。

設備

1.宿泊棟の設備はどのようになっていますか?

ベッド(寝具あり)・エアコンはありますが、キッチン・テレビ・冷蔵庫及び各種アメニティー(ボディーシャンプー並びにリンスインシャンプーを除く)はありません。 また、宿泊棟内での飲食及び喫煙は禁止としています。

2.施設内の厨房で利用者による調理活動を実施できますか?

すべての利用者による厨房内での自主調理活動はできません。利用者による自主調理活動については、野外炊事場での飯ごう炊さんのみとさせていただいております。

3.施設内及び近隣に自動販売機や商店などはありますか?

(1)自動販売機
施設内へは設置していません。また、一番近い場所で約2km離れた場所にあります。
(2)商店など
一番近い場所で、施設から約5km離れた大山祇神社周辺地域にあります。またコンビニエンスストアについては、約15km離れた場所にあります。

食事

1.一般利用の場合も食事を提供してもらえますか?

一般の方は素泊まりのみの利用となり、食事の提供は行いません。食事料金表の青少年団体及びその他一般欄で、「その他一般」とは例えば、青少年団体とともに施設を利用する記録専属のカメラマンとか、青少年の身体的補佐としての保護者などです。

2.食事は、どの時期でも提供してもらえますか?

原則として、学校関係と青少年団体のみに3月下旬~10月末まで提供しています。ただし、11月~2月においても調理職員の体制によりますが、できる限り提供対応させていただきます。詳細についてはお問い合わせください。

3.施設に食事を持ち込んでもよいですか?

持ち込んでいただくのはよいのですが、食事の際には、野外食堂棟をご利用いただいています。宿泊棟での飲食、喫煙及び簡易調理器具などによる調理はご遠慮ください。 詳細についてはお問い合わせください。

4. 食物アレルギーがある場合、それに応じた食事を提供してもらうことが可能ですか?

大三島少年自然の家では調理職員の体制が除去食を作れるようになっていないため、提供できません。食物アレルギーのある方には、個別に弁当を届けていただくか、遠方の学校では冷凍した弁当を持って来ていただくなどして、対応をお願いしています。また、食品の成分表などの提示についても対応いたしかねます。

その他

大三島少年自然の家外壁塗装工事について

 平成29年度に宿泊棟などの外壁塗装工事を実施する予定です。そのため、下記工事期間(予定)中の施設利用の申し出につきましてはお断りさせていただきます。予めご了承ください。工事の詳細が決定しましたら改めてお知らせします。

工事期間:平成29年11月初旬~平成30年3月中旬(予定)

お問い合わせ

教育委員会 事務局 社会教育課

電話番号:0898-36-1602
メール:shakyou@imabari-city.jp
〒794-0027 今治市南大門町2丁目5-1 第3別館4階