トップページ消防本部・消防署消火器のお話

消火器のお話

適応する火災の種類は・・・

 消火器には、適応火災を示す絵表示が付いています。各々の火災に適応した消火器を設置してください。(家庭用消火器には適応火災が図示されています。)

平成23年1月1日から『規格』が変更され、『絵表示』が変更されています!

旧規格の「白」「黄」「青」で絵表示されている消火器が販売されているのを見かけた場合、消防署へ通報してください。

消火器の旧規格
旧新規格から新規格へ
消火器の新規格

消火器の使い方

  1. 安全ピンを上に引き抜く
    安全ピンを上に引き抜く説明写真
  2. ホースを外して火元に向ける
    ホースを外して火元に向ける説明写真
  3. レバーを強く握る
    レバーを強く握る説明写真

古くなった消火器は・・・

古くなって錆びついた消火器や、落とすなどして変形した消火器を使っていて、容器が破裂して死亡事故に至った例があります。ご家庭などにある消火器を今一度点検し、危険だと思われる消火器は、販売業者に依頼して取り替えましょう。

不要になった消火器の処理について

使用上、危険な消火器の例

使用上、危険な消火器の例1 使用上、危険な消火器の例2

トラブルにご注意!

不適切な点検、高額な請求などで、消火器の点検を巡るトラブルが全国的に多発しています。信頼ある業者に点検を依頼し、あいまいな態度や安易に契約書に押印・サインなどを することは避け、トラブルに巻き込まれないようにしましょう。

また、一般家庭には消火器設置の法律上の義務づけはありませんが、大切な家族や財産を守るために、消火器をご家庭に設置する場合は、言葉巧みに高額な請求をする訪問業者を避け、信頼ある販売店で お求めください。

消火器の不適正な点検に注意を!

全国的に、消火器の不適正な点検や高額請求で、業者とトラブルになるケースが多数発生しています。

こんな事業所が狙われやすい

  • 支店、出張所等が多い
  • スーパー、百貨店等
  • 私立の学校、幼稚園等
  • 出入り業者を巧みに装う

訪問前に電話し、信用させる

  • 本社からの依頼を装う

あいまいな返事をすると、すばやく消火器を集めだす
通常価格より高価な値で、買い替えを要求する

トラブル防止のポイント

  • 身分証明書の提示を求める
  • はっきりと点検を拒否する
  • 契約書にサイン(押印)をしない

もし気付かずに点検を承諾したら

  • 請求金額の値引き交渉は、契約を認めることとなる
  • 料金を即支払ったり、払う約束をしない
  • 業者の紛らわしい表現等に対し、契約の無効を主張する

お問い合わせ

消防本部・消防署

電話番号:0898-32-6666
メール:shoubou@imabari-city.jp
〒794-0043  今治市南宝来町二丁目1-1