トップページ商工振興課 | 今治の焼き鳥

今治の焼き鳥

今治やきとり

 今治の焼き鳥は「串付き肉を網の上で焼く」という一般的によく見られる方法ではなく「肉や野菜を鉄板の上で焼く」という一見風変わりなもの。
これは、商売人が多く、“せっかち”で待つのが嫌いな気質と言われる今治の人を満足させることから約50年前に考案されたと言われています。

 「早い」「安い」「旨い」の三拍子が揃った今治焼き鳥は、多くの支持を得、現在は市内に約70店舗あります。

 また、人口あたりの焼き鳥店舗数が日本一(平成10年5月タウンページ)であったことから、平成11年3月には「焼き鳥日本一宣言」をしました。
平成11年8月には「今治ヤキトリ料飲組合」も結成され、毎年8月10日を「焼き鳥の日」と定め、『やきとりの街今治』をPRしてます。


鉄板の上で焼くのが今治焼鳥

 熱々の鉄板の上から、大きな鉄のコテで肉を押さえ、ジュージューと豪快に焼く個性的なスタイルの今治焼き鳥。

 特に個性的なメニューと言えるのが、「皮焼き」です。
皮のみを焼く店もあれば、少し肉を残した皮を提供する店もあり、「皮焼き」は食感も味も、それぞれの店のこだわりを楽しむことができます。

 またタレにも、もちろん店ごとのこだわりを楽しむことができます。
トロリとした甘辛醤油タレ、さらりとしたタレ、おろしタレ、からしタレ・・・
自分に合ったタレの味を見つけるのも、「今治焼き鳥」を楽しむ方法の一つでしょう。

 「皮」に始まり、「せんざんき」で終わる・・・というのが今治焼き鳥通の食べ方だそうです。

 ところで「せんざんき」って何だろうと思った方もいるのでは?
これは、昔からこの地域にある郷土料理で、下味を付けた唐揚げのことです。

名前の由来は
●鳥肉を千に小さく切ることから「千斬切」
●きじ肉を最初に使ったことから「せんざん雉」
●中国料理の「軟炸鶏(えんざーち)」
と諸説あり、味付けや揚げ方も、その店々で違いがあります。

 個性的でワクワクする店がひしめき合う「今治焼き鳥」を、ぜひ楽しんでみてください。

 
「皮」に始まり、「せんざんき」で終わるのが通!

お問い合わせ

商工振興課

電話番号:0898-36-1540
メール:shoukou@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1