トップページ商工振興課 中心市街地活性化推進室中心市街地再生事業費補助事業

中心市街地再生事業費補助事業

 この補助金は、今治市が策定した中心市街地再生基本構想の実現に向け、今治市が策定した第2期中心市街地再生基本計画(以下「基本計画」という。)を着実に推進するため、予算の範囲内で、基本計画に沿った事業を実施する団体に対し、補助金を支出するものです。

1 中心市街地再生事業費補助事業の流れ(補助金イメージ図)

(1)中心市街地再生事業費補助事業の流れは、次のイメージ図のとおりです。

1市が公募、2補助(交付)申請を市へ、3市の諮問を受け採択案件審査及び答申、4交付決定(市が採択)、5事業実施、6実施報告、7支払、8事後成果報告

(2)具体的な日程など

交付申請書提出 平成28年4月11日(月曜日)~4月28日(木曜日)※要事前相談
書類審査 平成28年5月2日(月曜日)~5月12日(木曜日)
プレゼンテーション審査 平成28年5月中旬
採択審査会 平成28年5月中旬
補助対象団体決定・公表 5月中旬~下旬
補助金交付決定 5月中旬~下旬
事業実施 補助金交付決定日以降
事業完了 平成28年度内
実績報告 事業完了後概ね20日以内(但し、平成29年3月31日をもって事業終了としている団体は、平成29年3月31日まで)

2 総論的注意事項

  1. この事業は、単年度事業です。今回の募集事業は、事業実施期間を補助金交付決定日から、平成29年3月31日までのものとします。
  2. この事業は、多くの市民や活動団体が注目している事業です。適正な支出、事業の実施に留意してください。
  3. 各テーマの具現化に資する事業と各テーマの調査研究事業は分けて提出してください(併せて1本で申請することはできません)。
  4. この事業は、基本計画に掲げる評価指標及び数値目標の増加に寄与する事業への補助を原則としています。単なるイベントや、成果・効果が不明瞭な提案はお受けできませんので、申請にあたっては、事前にご相談ください。
    (参考:評価指標)
    1.市内外からの転入・転居人数
    2.中心市街地を回遊する歩行者及び自転車の通行量
    3.市民の中心市街地への満足度

3 申請時の注意

(1) 申請のために必要な書類

  1. 交付申請書(様式第1号)(Word)
  2. 事業計画書(様式第2号)(Word)
  3. 収支予算書(様式第3号)(Word)
  4. 補助事業の資金繰り実績及び計画書(様式第4号)(Word)
  5. 助成団体調書(別紙1)(Word)
  6. 会員名簿(別紙2)(Word)
  7. 規約、会則、定款など

(2)補助対象事業・補助対象経費、補助対象外事業・補助対象外経費

1.補助対象事業とは、要綱第2条第1項に定められている事業、補助対象経費とは、要綱第4条第1項に定められている経費をいいます(以下)。

補助対象事業 補助対象経費 補助率 補助金の限度額

(1) 次のテーマの具現化に資すると認められる事業

ア まちなか人口回復のために
1.まちなか子育ての支援
2.高齢者等にやさしいまちづくりの推進
3.中心市街地機能の集積

イ まちなかにぎわいづくりのために
1.にぎわい交流の創出
2.まちを訪れる機会と満喫度の向上
3.個性豊かな食文化の発信
4.商業空間の活性化

ウ まちなかの価値向上のために
1.おしゃれで美しいまちづくりの推進

エ その他中心市街地の活性化に資すると市長が認めるテーマ

賃金(臨時雇用者に限る)
講師等への謝礼金
旅費
需用費
消耗品費
印刷製本費
賄材料費
役務費
通信運搬費
広告料
手数料
委託料
使用料及び賃借料
その他市長が必要と認める経費
補助対象経費の10分の7以内 400万円
(2) (1)の事業の調査研究 賃金(臨時雇用者に限る)
講師等への謝礼金
旅費
需用費
消耗品費
印刷製本費
賄材料費
役務費
通信運搬費
広告料
手数料
委託料
使用料及び賃借料
その他市長が必要と認める経費
補助対象経費の10分の10以内 50万円

備考

  • ア 第三者への委託を行う場合の委託料は、補助対象経費の2分の1以内までです。
  • イ 備品の購入は、事業遂行のために必要不可欠であり、事業終了後の扱いが明らか、かつ、確実な場合に限ります。ただし、汎用性の高い備品(PCなど)は、認めません。

2. 補助対象外事業とは、要綱第2条第2項に定められている事業を言い、補助対象外経費とは、要綱第4条第2項に定められている経費を言います(以下)。

  • ア 団体の管理運営経費
    (例)団体の事務所維持経費、団体の通常業務に係る経費。
  • イ 飲食を目的とする経費
    団体内及び他の団体との親睦を深めるためなどの飲食、事業に従事する団体員及びボランティアなどに対する昼食など、視察旅行などの場合における飲食など(朝食を含む)。をいう。講師などに対する昼食や夕食については、酒宴がなく、且つ、講師本人に対してのものにのみ認める。
  • ウ 市長が不適当と認める経費
    備品の購入は、本事業の趣旨を踏まえ、事業遂行のために必要不可欠であり、さらに事業終了後の扱いが明らか、かつ確実な場合に限ります。汎用性の高い備品(PCなど)は、原則として認められません。

(3)提出する書類は、原則、日本工業規格のA4とします。

4 審査について

(1)「書類審査」及び「プレゼンテーション審査」により決定します。

審査するのは、中心市街地再生協議会の構成団体から選出された者で構成する採択審査会です。

(2)次に掲げる項目から、総合的に審査します。

  1. 政策審査
    ア 基本計画の事業展開テーマ及び事業体系との整合性
    イ 中心市街地再生のための必要性・重要度
    ウ 協働の度合い
  2. 実効性
    ア 費用対効果
    イ 効果(事業実施による影響)の持続性
    ウ 日常的な賑わい創出への寄与度
    エ 基本計画に掲げる数値目標への寄与度
  3. 団体審査
    ア 事業遂行能力
    イ 団体の専門性・信頼性

(3)プレゼンテーション審査

  1. 実施日時:平成28年5月中旬
  2. 審査場所:未定
  3. 審査方法:各団体の持ち時間は4分です。プレゼン後、審査員から事業についての質問があります。

※ プレゼンテーションへの参加は、補助金を受けるための必須条件です。
※ 詳細については、別途ご案内いたします。

(4)採択審査

プレゼンテーション審査終了後、中心市街地再生事業採択審査会を開催し、提出書類とプレゼンテーションに基づき、事業の採択可否を審査し、市長に答申します。

5 補助金額の交付決定・採択結果の通知と公表

(1)補助金額の決定

市長は、採択審査会の答申を受け、申請内容を精査し、他の事業との関連等を総合的に勘案し、予算の範囲内で補助金額を決定します。

(2)採択結果

事業の採択可否は、申請者に通知すると共に、商工振興課のホームページでも発表します。

6 事業実施中の今治市などの支援体制など

(1)今治市及び中心市街地再生協議会では、事業の実施にあたって、次のことについて支援します。

  1. 今治市及び中心市街地再生協議会の後援を与えること
  2. 今治市の広報に事業についての記事を掲載して便宜を図ること
  3. その他、団体の自立性を損なわない範囲での支援

(2)補助事業の遂行及び経費の支出状況について

補助事業の遂行及び経費の支出状況について、報告を求めることがありますので、補助事業者は、市の指示に従ってください。

(3)補助金の概算払

補助金の交付決定した事業について、実施上必要があると認められるときは、補助金の一部又は全部を概算払することができます。詳しくは、問合せください。

7 実績報告(事業終了後の報告)

(1)報告期限は事業完了後概ね20日以内です。

報告期限は事業完了後概ね20日以内です。但し、平成29年3月31日をもって事業終了としている団体は、平成29年3月31日までとします。

(2)実績報告時に必要な書類

  1. 実績報告書(様式第8号)(Word)
  2. 事業報告書(任意様式)
  3. 収支決算書(様式第9号)(Word)
  4. 領収書コピー(A4の台紙に添付すること)
  5. 市長が提出する必要があると認める書類(チラシなど各種成果物)

※ 1、3の様式は、Wordにて書式を準備しています。

8 補助金の支払

 市が実績報告を受理した後、内容を審査し、適当であると認めたときは、補助金額を確定し、補助事業者に通知します。
 補助金の額の確定通知を受けた補助事業者は、補助金清算払請求書(別記様式第10号)を市に提出してください。

補助金清算払請求書(別記様式第10号)(Word)

9 その他(問合先など)

(1)書類の書き方など

当該補助金の申請書の書き方、報告書の書き方などについては、いつでも担当者が相談に乗りますので、事前に電話してから、本庁商工振興課にお越しください。

(2)この事業の広報について

この事業について、中心市街地再生への取り組みを市民に広報するため、補助事業決定と補助事業終了後に、全ての補助事業について一括して「広報いまばり」に掲載する予定ですので、補助対象団体の方はご留意ください。

(3)問合先

今治市役所 産業部 商工振興課 市街地活性化係
〒794-8511 愛媛県今治市別宮町一丁目4-1
電話番号:0898-36-1540 ファックス番号:0898-25-2961
Eメール shoukou@imabari-city.jp