トップページ市民課住民基本台帳ネットワーク住民基本台帳カードから個人番号カードにかわります

住民基本台帳カードから個人番号カードにかわります

社会保障・税番号制度導入に伴い、住民基本台帳カード(住基カード)の交付は終了となり、個人番号カードの交付が開始されます。変更内容は次のとおりです。

個人番号カードの交付が始まります。

 平成28年1月以降、個人番号カードの交付が開始されます。このカードは、住基カードの機能を引き継ぐICチップ付きのカードで、表面に氏名、住所、生年月日、性別、顔写真、裏面にマイナンバー(個人番号)が記載され、カードの大きさも住民基本台帳カードと同等です。

住民基本台帳カードの交付は平成27年12月末までです。

 個人番号カードの交付開始以降は、住民基本台帳カードの交付は行いません。

住民基本台帳カードは有効期間まで使用できます。

 平成27年12月末までに交付された住基カードは、券面に記載している有効期限まで使用できます。

(e-Taxご利用の方へ)
 平成28年1月以降も電子証明書の有効期限までは使用できますが、住基カードへの電子証明書の更新は出来ませんので、個人番号カードに切り替える必要があります。

電子証明書が標準搭載されます。

 個人番号カードには、e-Taxなどで使用する電子証明書が標準搭載されます。また有効期間が3年から5年に変更となります。

個人番号カードの交付申請は郵送で行います。

 平成27年10月からマイナンバーの通知とともに、「個人番号カード交付申請書」が住民票に記載の住所地に郵送されます。この申請書に顔写真を配付して地方公共団体情報システム機構宛に郵送します。その後、今治市役所から交付準備ができた旨の通知書を送付しますので、市役所窓口へお越しください。本人確認のうえ、交付します。

※今治市は通知カード・個人番号カード関連事務について、地方公共団体情報システム機構へ委任しています。

住民基本台帳カード・個人番号カードの比較

  住民基本台帳カード 個人番号カード
様式
  • 顔写真付きイメージ
    住民基本台帳カード 顔写真付きイメージ
  • 顔写真無しイメージ
    住民基本台帳カード 顔写真無しイメージ
  • 顔写真は選択制
  • 表面イメージ
    個人番号カード 表面イメージ
  • 裏面イメージ
    個人番号カード 裏面イメージ
申請 市役所市民課または、各支所住民サービス課 地方公共団体情報システム機構宛に郵送
交付 市役所市民課または、各支所住民サービス課
平成27年12月末で終了
市役所市民課または、各支所住民サービス課
平成28年1月から開始
手数料 1,000円(電子証明書を含む)
  • 新規発行 無料(電子証明書を含む)
  • 再発行 1,000円(電子証明書を含む)
有効期間
※1
  • 住民基本台帳カード 10年
  • 電子証明書 3年
  • 個人番号カード
    20歳以上 10回目の誕生日まで
    20歳未満 5回目の誕生日まで
  • 電子証明書 5回目の誕生日まで

※1永住者および特別永住者以外の外国人住民の方につきましては、有効期間が異なります。

マイナンバー制度についてのお問い合わせ先

日本語窓口

0570-20-0178 <全国共通ナビダイヤル>

外国語窓口

0570-20-0291 <全国共通ナビダイヤル>
受付時間:平日9時30分から17時30分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)
※ナビダイヤルは通話料がかかります。

お問い合わせ

市民課

電話番号:0898-36-1532
メール:siminka@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1