トップページ市民課住民基本台帳ネットワーク住民基本台帳ネットワーク 第2次サービス

住民基本台帳ネットワーク 第2次サービス

全国どこの市町村でも住民票の写しが取れるようになりました
住民基本台帳カードを希望者に交付します
住民基本台帳カードの交付を受けた人の転出手続きが簡略化されます

住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)の第2次稼動が2003年8月25日より開始され、全国の市区町村間がネットワークで結ばれました。これにより、以下のサービスが受けられるようになりました。

住民票の写しの広域交付

これまで住民票の写しは、住民登録している市町村でしか取ることができませんでしたが、住民基本台帳ネットワークの第2次稼動により、全国どこの市町村ででも住民票の写しを取ることができるようになりました。

  • 取ることができる住民票は、本人もしくは同一世帯のものに限られます。
  • 広域交付の住民票に、本籍地・筆頭者の記載はされません。
  • 請求の際に本人確認をさせていただきます。 (住民基本台帳カードまたは、パスポート・運転免許証など、公的機関が発行した、写真の貼付がある許可証・免許証が必要になります)
  • 手数料は市町村により異なります。今治市では300円です。

住民基本台帳カードの交付

希望される方に対して、住民基本台帳カードを交付します。住民基本台帳カードは、高度な機能を備えたICカードです。 本人の顔写真なしのカードと、顔写真入りのものの2種類から選べます。 顔写真入りの住民基本台帳カードは、身分証明書として活用できます(民間企業においては、相手方の判断によります)。

住民基本台帳カードの交付を希望される方は、以下のものを市役所市民課窓口へお持ちください。

  1. 本人確認できるもの (運転免許証、パスポートなど、顔写真入りで、公的機関が発行した許可証・免許証。保険証は不可)※ない場合、即日交付はできません。
  2. 印鑑
  3. 手数料 500円
  4. 顔写真(写真入りカードを希望される方のみ) 6か月以内に撮影した写真で、無帽、無背景、正面向き、縦45ミリ・横35ミリ程度の大きさ(パスポート用証明写真サイズ)のもの
  • 身分証明書のない場合でも、本人への郵送照会を行うことで交付できます。(即日交付不可)
  • 代理人からの申請の場合も、郵送で本人への紹介を行います。(即日交付不可)
    その場合は代理人の身分証明書と印鑑も必要です。
  • 4桁の数字によるパスワードをご自分で設定していただきます。
  • 何歳からでも作ることができます。(ただし、15歳未満および成年被後見人は法定代理人からの申請になります。詳細はお問い合わせください)
  • 有効期限は発行日から10年間です。
  • 顔写真無しのカードには氏名が、顔写真入りのカードには氏名・住所・性別・生年月日が記載されます。カードの交付を受けている人がそれらに変更のある届(市内での転居届、婚姻届など)を出す際には、カードを提出し記載内容を変更する必要があります。ご了承ください。

住民基本台帳カード総合情報サイト(総務省)

付記転出届について

住民基本台帳カードの交付を受けている場合は、他市町村への転出届が簡略化されます。
あらかじめ、転出する市区町村に郵送で付記転出届を出しておけば、転入先市区町村で住民基本台帳カードを提示することで、転出証明書なしで転入手続きをすることができます。
付記転出届に決まった様式はありませんが、現在の住所、転入先住所、転出する方の氏名、生年月日、転入予定日と、必ず昼間連絡の取れる電話番号(携帯電話可)をご記入ください。

お問い合わせ

市民課

電話番号:0898-36-1532
メール:siminka@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1