トップページ市民税課平成20年度個人市・県民税のお知らせ

平成20年度個人市・県民税のお知らせ

税制改正により、平成20年度から改正される住民税の主な内容を説明します。

市・県民税による住宅借入金等特別税額控除(住宅ローン控除)の調整措置

平成19年分以降の所得税で住宅借入金等特別控除の適用がある方で、税源移譲により所得税額が減少した結果今まで控除できていた金額を控除しきれなくなった方を対象に、翌年度の住民税から減額する調整措置が設けられました。

控除対象者

 平成19年分以降の所得税において住宅借入金等特別控除の適用がある方(平成11年から平成18年の間に取得等し、居住の用に供したものに限ります。)で、次の1.または2.に該当する方

  1. 所得税額が減少した結果、住宅借入金等特別控除が所得税額より大きくなってしまい控除しきれなくなった方
  2. 以前も住宅借入金等特別控除額が所得税額よりも大きかったが、税源移譲により控除しきれない額がより大きくなった方

控除対象年度

平成20年度から平成28年度の個人住民税

計算方法

当該年分の住宅借入金等特別控除か前年の所得にかかる平成18年の税率による所得から該当年分の所得税額を引いた額

申告方法

対象となる方で、確定申告をされる方は「市・県民税住宅借入金等特別税額控除申告書」を確定申告書とともに税務署に提出し、確定申告をされない方はその年の3月15日(平成20年は3月17日)までに源泉徴収票を添付して市町村に提出することになります。(控除を受ける方は毎年提出する必要があります。)

書式のダウンロードができます

※確定申告書を提出する納税義務者用

市・県民税住宅借入金等特別税額控除申告書(PDF)(500KB)
申告書記入例(PDF)

申告書作成ツールをご用意しています。ご利用ください。
確定申告書A用(Excel)(780KB)
確定申告書B用(Excel)(920KB)

※確定申告書を提出しない納税義務者用

市・県民税住宅借入金等特別税額控除申告書(PDF)(376KB)
申告書記入例(PDF)

申告書作成ツールをご用意しています。ご利用ください。
給与収入のみ(Excel)(580KB)

計算例

計算例。くわしくは市民税課までお問い合わせください。

地震保険料控除の創設

損害保険料控除を改組し、地震保険料控除が創設されます。

平成20年度より限度額2万5千円(所得税5万円)に変更します

 居住者が、その有する居住用家屋、生活用動産を保険等の目的とし、かつ、地震等を直接又は間接の原因とする火災等による損害により生じた損失の額をてん補する保険金等が支払われる損害保険契約等に係る地震等損害部分の保険料等を支払った場合には、その保険料等の金額の2分の1に相当する金額(最高25,000円)をその年度分の総所得金額等から控除する地震保険料控除が創設されました。
 なお、平成18年12月31日までに締結した長期損害保険には、従前の損害保険料控除を適用する経過措置が設けられます。(長期損害保険料控除 限度額10,000円まで地震保険料控除に含むことができます。)
短期損害保険料控除は廃止されます。

老年者非課税措置が廃止されたことにともなう経過措置の廃止

昭和15年1月2日以前に生まれた方で、前年の合計所得金額が125万円以下の方にかかる経過措置が平成20年度を以って廃止され、全額課税されることとなりました。

年度 平成18年度 平成19年度 平成20年度
均等割 市民税 1,000円 2,000円 3,000円
均等割 県民税 300円 600円 1,000円
均等割 森林環境税 100円 300円 500円
所得割 3分の2を減額 3分の1を減額 全額課税

お問い合わせ

市民税課

電話番号:0898-36-1510
メール:siminzei@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1