トップページ障がい福祉課精神障害者保健福祉手帳の交付について

精神障害者保健福祉手帳の交付について

精神障害者保健福祉手帳とは

精神障害者保健福祉手帳とは

 精神障害者保健福祉手帳は、精神障害のある方が一定の障害にあることを証明する手帳です。手帳を持つことにより、福祉サービスが受けることができるようになり、精神障害を持つ方が自立して生活し、社会参加の促進を図ることを目的としています。

対象者は

 精神疾患を有する方で、精神障害のため長期にわたり日常生活または社会参加への制約がある方。

精神障害者保健福祉手帳の交付申請

1.新規交付申請手続き

 初めて手帳を取得するときの手続きです。

必要なもの

  1. 精神障害を理由に障害年金を受けていることを証明する書類(年金証書、年金裁定通知書など)の写し、または、医師の診断書(初診日から6か月以降のものに限る)
  2. 印鑑
  3. 障害者手帳交付申請書(本庁障がい福祉課・各支所住民サービス課にあります)
  4. 写真1枚(縦4cm×横3cm)
    脱帽で顔の分かる写真、白黒・カラーいずれも可

申請窓口

本庁障がい福祉課・各支所住民サービス課

※手帳の有効期間は2年です。2年ごとに更新の手続きが必要です。更新は、有効期間の3か月前から申請できます。

2.更新の手続き

 精神障害者保健福祉手帳には有効期間があります。更新の手続きが必要です。更新は、有効期間の3か月前から申請できます。手帳の有効期限の日付を確認してください。

必要なもの

  1. 精神障害者保健福祉手帳
  2. 精神障害を理由に障害年金を受けていることを証明する書類(年金証書、年金裁定通知書など)の写し、または、医師の診断書(初診日から6か月以降のものに限る)
  3. 印鑑
  4. 障害者手帳交付申請書(本庁障がい福祉課・各支所住民サービス課にあります)

申請窓口

本庁障がい福祉課・各支所住民サービス課

3.再交付の手続き

 手帳を紛失、破損などした場合の手続き

必要なもの

  1. 精神障害者保健福祉手帳(紛失時を除く)
  2. 印鑑
  3. 写真1枚(縦4cm×横3cm)
    脱帽して顔の分かる写真 、白黒・カラーいずれも可

申請窓口

本庁障がい福祉課・各支所住民サービス課

4.居住地、氏名などの変更

 手帳に記載している、居住地、氏名などに変更がある場合の手続き

必要なもの

  1. 精神障害者保健福祉手帳
  2. 印鑑

申請窓口

本庁障がい福祉課・各支所住民サービス課

お問い合わせ

障がい福祉課

電話番号:0898-36-1527
メール:syougaifukus@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1