トップページ新型コロナウイルス感染症に関する情報発熱などの症状のある方の受診のお願い(令和2年11月16日以降)

発熱などの症状のある方の受診のお願い(令和2年11月16日以降)

発熱などの症状がある場合の相談・受診方法

令和2年11月16日より、発熱などの症状がある場合の相談・受診の方法が変わります。

発熱など、かぜのような症状で受診したい場合は、まず「かかりつけ医」などに前もって電話で相談し、その指示に従って受診しましょう。「かかりつけ医」が対応できない、または「かかりつけ医」がいない場合は、「受診相談センター」に連絡し、紹介された「診療・検査医療機関」に電話で相談のうえ、受診しましょう。

診察の結果、必要と判断された場合には、インフルエンザあるいは新型コロナウイルス感染症の抗原検査(※)が行われます。

これは、季節性インフルエンザが流行する時期に入り、新型コロナウイルス感染症への対策を行いながら、発熱などの症状で受診される方が増える事態に備えるためのものです。このため、事前の相談なく直接に医療機関を受診することは控えていただき、必ず、前もって電話で医療機関にご相談ください。

新型コロナウイルス感染症の感染防止対策に関するお知らせについて(愛媛県知事からのお知らせ)(PDF 1.6MB)

発熱等の症状のある方の受診のお願い(11月16日から新体制に移行します)(PDF 987KB)

※抗原検査とは、ウイルスを構成しているタンパク質を見つけるための検査です。医療機関の体制によっては、「地域外来・検査センター」で検査を受けることがあります。なお、抗原検査で陰性となっても、医師が必要と判断した場合はPCR検査が行われることがあります。

受診相談センター連絡先

以前の帰国者・接触者センターが改称され、24時間体制で相談に当たります。

なお、こちらの窓口は、「かかりつけ医」がいない方などを、診療・検査医療機関(発熱などの症状がある方に対応する医療機関)へつなぐための窓口ですので、「かかりつけ医」のいる方はまずはそちらにお電話ください。

電話番号 089-909-3483
受付時間 24時間対応(土日祝日も実施)