トップページ教育委員会 事務局 文化振興課ご家庭にある歴史資料の保存にご協力ください

ご家庭にある歴史資料の保存にご協力ください

 今治市内には、その豊かな歴史や文化を物語ってくれる古い文書や記録が残されているご家庭があります。これらの資料は後世に残すべき大変貴重なものであり、失われることがあれば、誠に残念なことです。もし皆様のご家庭に以下のような歴史資料や文化財が残されている場合は、安易に処分せず、家宝として大切に保管していただきますよう、お願いいたします。保管方法や取扱い等でお困りの場合、また災害等により破損してしまった場合は、文化振興課までご連絡・ご相談ください。必要に応じてお手伝いをさせていただきます。

貴重な歴史資料・文化財の例

  • 古文書(江戸時代以前に、くずした文字で和紙に書かれたものなど)
  • 古い帳簿や古典籍(和紙に書かれて冊子にしてあるものなど)
  • 明治・大正・昭和の古い記録(書簡や絵葉書、日記、帳面など)、新聞、写真・アルバム、絵
  • 農具・工具、機織り機や養蚕の道具、古い着物など、物づくりや生活のための道具

※これらは母屋や蔵にあるタンスや箱に収められていたり、ふすまや壁紙、屏風の下張りとして用いられて残っていることがあります。

お問い合わせ

教育委員会 事務局 文化振興課

電話番号:0898-36-1608
メール:bunka@imabari-city.jp
〒794-0027 今治市南大門町2丁目5-1 第3別館3階