トップページ福祉政策課平成30年7月豪雨により住家が被害にあわれた方への支援

平成30年7月豪雨により住家が被害にあわれた方への支援

  1. 居住する住家がなく自らの資力では住宅を得ることができない場合の支援
  2. 住家が自らの資力では応急修理ができない場合の支援
  3. 住家に障害物が運びこまれ、自らの資力では除去することができない場合の支援
  4. 住家が被害にあった方への見舞金などの支給

応急仮設住宅(民間賃貸住宅借り上げを含む)を供与します。

借上げ応急仮設住宅の概要については「借上げ型応急仮設住宅ご案内(PDF 1.5MB)」をご確認ください。

対象者

以下のいずれかの要件を満たす方

  1. 全壊(全焼)または流出し、居住する住家がなく、自らの資力では住宅を得ることができない方
  2. 二次災害等により住宅が被害を受ける恐れがある、ライフライン(水道、電気、ガス、道路等)が途絶している、地すべり等により避難指示等を受けているなど、長期にわたり自らの住居に居住できない方
  3. 「半壊」(大規模半壊を含む)であっても、水害により流入した土砂や流木等により住宅としての再利用ができず、自らの住居に居住できない方

申請方法

今治市福祉政策課または各支所住民サービス課へ必要書類を提出してください。

各種様式のダウンロード

チェックリスト(PDF 42KB)

借上げ型応急仮設住宅申込書【様式第1号】 PDF(74KB)Excel (52KB)

借上げ型応急仮設住宅誓約書【様式第2号】 PDF(38KB)Word(16KB)

借上げ型応急仮設住宅同意書【様式第3号】 (PDF32KB)Word(14KB)

借上げ型応急仮設住宅貸主同意書【様式第4号】 PDF(30KB)Word(18KB)

借上げ型応急仮設住宅委任状【様式第5号】 PDF(31KB)Word(29KB)

被災した住宅の応急修理に関して、市が施工業者と契約および代金の支払いをします。

対象者

以下の全ての要件を満たす方

  1. 応急修理を行う住家に居住すること
  2. 住家が半壊または住家が大規模半壊し、自らの資力では応急修理ができない方
    (全壊の場合であっても、応急修理をすることで居住が可能であれば対象)
  3. 応急修理により、避難所への避難を要しなくなると見込まれる方
  4. 応急仮設住宅(民間賃貸住宅借り上げを含む)を利用しない方

対象費用

居室、炊事場、便所等日常生活に必要最小限度の部分を修理するための費用

限度額

1世帯あたり584,000円以内
(注)同一世帯(1戸)に2以上の世帯が住居している場合でも1世帯当たりの限度額以内となります。

受付期間

応急修理は当面の間、受付可能です。(受付期間は実施状況を勘案して事前にお知らせします。)

申請方法

申請方法の詳細は「平成30年7月豪雨における住宅の応急修理について」をご確認ください。

障害物の除去の申請受付は平成30年11月14日をもって終了しました。

障害物の除去に関して、市が施工業者と契約および代金の支払いをします。
(注)障害物の除去は、当面の生活が可能となるように応急的に行うものであり、現状回復を目的とするものではありません。

対象者

以下の全ての要件を満たす方

  1. 障害物除去を行う住家に居住すること
  2. 住家が半壊または床上浸水し自力では障害物を除去できない方
  3. 住家またはその周辺に運ばれた土石、竹木等で一時的に居住できない状態にある方
  4. 障害物の除去により、避難所への避難を要しなくなると見込まれる方
  5. 応急仮設住宅(民間賃貸住宅借り上げを含む)を利用しない方

対象費用

居室、炊事場、便所等日常生活に必要最小限度の部分からの障害物を除去するための費用(ただし、住家の入口が閉ざされている場合の玄関周りからの障害物を除去するための費用も対象)

限度額

1世帯あたり135,400円以内
(注)同一世帯(1戸)に2以上の世帯が住居している場合でも1世帯当たりの限度額以内となります。

受付期間

障害物の除去の申請受付は平成30年11月14日をもって終了しました。

詳しくは「平成30年7月豪雨による被災者への見舞金などの給付や貸付制度」でご確認ください。

お問い合わせ

福祉政策課

電話番号:0898-36-1525
メール:fukusis@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1