トップページ保育幼稚園課保育料について(今治市利用者負担額)保育料の算定にかかる寡婦(夫)控除のみなし適用

保育料の算定にかかる寡婦(夫)控除のみなし適用

目的

 婚姻歴のないひとり親家庭では、地方税法上の寡婦(夫)控除が適用されないため、死別・離別によるひとり親家庭と婚姻歴のないひとり親家庭とでは、保育料の算定において差が生じる場合がありました。
 このような状況を解消するため、婚姻歴のないひとり親家庭に対し寡婦(夫)控除をみなし適用することとなりました。

対象者

  1. 一度も婚姻したことがなく、現在も婚姻状態にない母又は父であること
  2. 生計を一にする20歳未満の子がおり、その子の総所得金額が38万円以下であり、他の人の扶養親族となっていないこと
  3. 申請者の合計所得金額が500万円以下であること

申請に必要な書類

  1. 申請書(PDF 96KB)
  2. 申請者・子の戸籍全部事項証明書(原本・3ヶ月以内に発行したもの)
  3. 印鑑

※このほか必要に応じて、住民票・所得課税証明書など、みなし適用に必要な書類の提出を求めることがあります。

申請窓口

保育幼稚園課

注意事項

  1. 生活保護を受給している方は対象外です。
  2. 当該申請書は、保育料算定に係る寡婦(夫)控除のみなし適用に関するものであり、その他の事業には適用されません。
  3. 所得税及び住民税は軽減されません。
  4. みなし適用の認定を受けても、所得の状況によっては、保育料に変更が生じない場合があります。
  5. 申請は年度ごととします。
  6. 所得の状況や、世帯の状況に変更があった場合は、必ず申し出てください。

お問い合わせ

保育幼稚園課

電話番号:0898-36-1524
メール:hoiku@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1