トップページ観光情報観光スポット美術館・博物館

美術館・博物館

今治市河野美術館

今治市河野美術館の写真

今治市初の名誉市民の称号を贈られた故河野信一氏の寄贈によるもので、館内の収蔵品は平安時代から現代に至ります。
書画、仏像、著名人の原稿、金葉和歌集、古今和歌集などの古写本、土佐派、狩野派などの屏風など約1万点を超します。

【住所】今治市旭町1丁目4-8

今治市河野美術館 について詳しく

タオル美術館

タオル美術館の写真

瀬戸内海国立公園 笠松山の麓にいだかれた朝倉の地に、世界にさきがけてタオルライフを提案するスポットです。
タオルの製造工程や、タオルをアートにみせた展示の数々。四季を通じていろいろな表情をみせる庭園と、こだわりのグルメが、ゆとりとくつろぎの贅沢な時間をお約束いたします。

【住所】今治市朝倉上甲2930

タオル美術館 について詳しく

朝倉ふるさと美術古墳館

朝倉ふるさと美術古墳館の写真

伊予文化発祥地として数々の遺跡・史跡があり貴重な文化財が緑のふるさと公園内の美術古墳館に保存展示されています。

【住所】今治市朝倉下甲898

朝倉ふるさと美術古墳館 について詳しく

玉川近代美術館

玉川近代美術館の写真

玉川町出身の故徳生忠常氏が、全資金を提供して、「心温まる名画の美術館」として創立。
明治以降の日本近代洋画家、黒田清輝、藤島武二から、中村彝、松本竣介、野田英夫等の異色画家を軸として、郷土出身画家及びピカソ、ルオー、ユトリロなどの海外作品もそろえ、小品主体ながら近代洋画史の一環と幅広くわかりやすい展望をもった美術館。

【住所】今治市玉川町大野甲86-4

玉川近代美術館 について詳しく

吉海郷土文化センター

吉海郷土文化センターの写真

郷土文化センターでは、吉海出身の画家「野間仁根」画伯の絵画のほか、愛用していた道具の展示、地元にゆかりのある武具・民具などの資料を展示しております。

【住所】今治市吉海町福田1290

吉海郷土文化センター について詳しく

村上水軍博物館

村上水軍博物館の写真

戦国時代、海の大名と呼ばれ、海原を自在に駆けめぐった村上海賊。
勇猛果敢な海賊衆の実態が、貴重な文献や出土品から明らかになります。

【住所】今治市宮窪町宮窪1285

村上水軍博物館 について詳しく

大三島美術館

大三島美術館の写真

現代の日本画の流れが紹介されています。田渕俊夫・中島千波・竹内浩一など人気日本画家の作品が鑑賞できる美術館です。

【住所】今治市大三島町宮浦9099

大三島美術館 について詳しく

大山祇神社海事博物館(葉山記念館)

大山祇神社海事博物館(葉山記念館)の写真

昭和43年開館の大三島海事博物館は、昭和天皇の海洋生物研究のための御採取船「葉山丸」を永久保存するために建設されたものです。

【住所】今治市大三島町宮浦3327

大山祇神社海事博物館(葉山記念館) について詳しく

ところミュージアム大三島

ところミュージアム大三島の写真

アメリカで活動するノエ・カッツやマリソール、トム・ウェッセルマンを始め、サン・ピエトロ寺院大聖堂の門扉を14年かけて制作したことで世界的に知られるジャコモ・マンズー、日本の林範親、深井隆の立体作品を展示する現代アート美術館。
館内のオープンテラスは瀬戸内海の多島美が望めるビューポイントとなっています。

【住所】今治市大三島町浦戸2362-3

ところミュージアム大三島 について詳しく

今治市伊東豊雄建築ミュージアム

今治市伊東豊雄建築ミュージアムの写真

数々の賞を受賞し、世界中から注目を集めている伊東豊雄氏の軌跡を展示した日本初の建築ミュージアム。
ミュージアムは、スティールハットとシルバーハットの二棟からなり、どちらも伊東氏の設計によるもので、施設自体が作品です。

【住所】今治市大三島町浦戸2418

今治市伊東豊雄建築ミュージアム について詳しく

今治市岩田健母と子のミュージアム

今治市岩田健母と子のミュージアムの写真

「母と子」という心温まるテーマを中心に、岩田健氏の彫刻を展示。
展示場は半屋外空間でベンチがいくつも設置されており、瀬戸内の太陽の光や風を感じながら、ゆっくりと彫刻を鑑賞できます。

【住所】今治市大三島町宗方5208-2

今治市岩田健母と子のミュージアム について詳しく