高収益作物次期作支援交付金

外食需要の減少により市場価格が低落する等の影響を受けた高収益作物(野菜・花き・果樹・茶)について、次期作に前向きに取り組む生産者を支援し、国内外の新たな需要促進につなげます。

令和2年10月12日付け運用見直し

国による全面的な事業運用の見直しが発表されました。この見直しは新型コロナウイルスの影響を受けた生産者を支援するという本事業の目的に立ち返ったもので、今治市のみでなく全国一斉のものです。今回の運用見直しはすでに交付金申請書を提出された方にも適用されます。

申請対象者は、今後追加の手続きが必要となりますので改めてご案内します。

【以下は国による運用見直し前の事業説明です】

対象

  • 令和2年2月から4月の間に野菜、花き、果樹、茶について、出荷実績がある又は廃棄等により出荷できなかった生産者
  • 収入保険や農業共済等、セーフティネットに加入していること、または加入を検討すること

支援内容および交付額

①次期作に前向きに取り組む生産者への支援

【交付単価】

  1. 基本単価
    10a当たり5万円
  2. 施設栽培のうち高集約型品目の単価
    施設栽培の花き、大葉及びわさび・・・10a当たり80万円
    施設栽培のマンゴー、おうとう及びぶどう・・・10a当たり25万円
    ※【対象施設】加温装置又はかん水装置がある施設(雨よけハウスは除く)

【交付対象面積】

高収益作物の次期作において、国が定める取組のうち2つ以上を実施する面積

【国が定める取組】

  生産・流通コストの削減に資する取組
  生産性又は品質向上に要する資材等の導入に資する取組
土づくり・排水対策等作柄安定に資する取組(例:土壌改良剤等を購入して圃場に施用する)
作業環境の改善に資する取組(例:JA等が実施する労働安全講習会に参加する)
  事業継続計画の策定の取組

◎…市全体での共通取組として推奨

取組例(10a当たり5万円)(PDF 100KB)

取組例(10a当たり80万円、25万円)(PDF 80KB)

②需要促進に取り組む生産者への支援

需要促進に取り組む高収益作物の生産者に対し、新たな品種の導入や新たな販売契約に向けた対応などの取組を支援します。

【交付単価】

10a当たり2万円

【交付対象面積】

高収益作物の次期作において、国が定める取組のうち1つ以上を実施する面積

【国が定める取組】

新たに直販等を行うためのホームページ作成等の環境整備
新品種・新技術導入に向けた取組
海外の残留農薬基準への対応又は有機農業、GAP等の取組

③厳選出荷に取り組む生産者への支援

花きや茶等の高品質なものを厳選して出荷する取組を支援します。

【交付金額】

高品質なものを厳選して出荷する取組を行った人数・日数に応じ、1人・1日あたり2,200円
※令和2年2月以降に取り組んだ期間が対象

【対象品目】

花き、茶、施設栽培の大葉、わさび、マンゴー、おうとう及びぶどう

【取組例】

花きの取組例

  • フラワーネット張りの調整
  • 芽かき・摘花・整枝
  • 冷蔵貯蔵等による出荷調整 等

茶の取組例

  • 被覆作業の実施
  • 化粧ならし・遅れ芽除去
  • 荒茶の分別製造調整 等

必要書類

  • 申請書(Excel 13KB)
  • 申請書別紙(Excel 18KB)
  • 令和2年2月~4月の間に高収益作物を出荷したことが確認できる書類(領収書、納品書等)
    (廃棄などにより出荷できなかった場合は、前年産の出荷実績が確認できる書類および今年産の廃棄の理由書が必要となります。)

申請窓口

JA組合員の方

JAで申請の取りまとめをしておりますので、各JAへお問い合わせください。

越智今治農業協同組合
営農企画課
電話番号:0898-34-1874
〒794-0081今治市阿方甲246-1
今治立花農業協同組合
生産課
電話番号:0898-22-1266
〒794-0825今治市郷六ヶ内町2-3-10

JA組合員以外の方

農林振興課または各支所住民サービス課に必要書類をご提出ください。

実績報告

 国からの採択を受けた後、採択通知にあわせて実績報告書類を取組実施者の皆様へ郵送します。

送付書類

  • 実績報告書
  • 作業日誌
  • 振込口座届出書

 これらの書類とあわせて、資材の購入伝票、領収書の提出が必要となりますので、実績報告まで保管をお願いします。

お問い合わせ

農林振興課

電話番号:0898-36-1542
メール:nourin@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1