トップページリサイクル推進課家庭系ごみの出し方古布類の正しい出し方について

古布類の正しい出し方について

汚れた古着・カーテン・クッション等は、燃やせるごみです

最近、資源ごみで排出される古布類の中で、汚れた作業着・カーテン・クッション(綿入り)などの資源で出せないものが、全体の収集量の約3割を占めている状況です。

資源ステーションに出した古布類は、リサイクル業者によってさまざまな方法でリサイクルされています。回収された古布類は一枚一枚人の手によって細かく分類され、それぞれに適した形で加工、リサイクルされています。

資源にならない物を出されてもリサイクルできないため、汚れた古着・カーテン・クッション等は必ず燃やせるごみとして出してください。

燃やせるごみの袋

くつしたは、燃やせるごみです

「くつした」については、綺麗で左右が揃っているものは資源として出せていましたが、出せなくなりました。これからは、燃やせるごみとして出してください。

なお、ストッキングも資源として出せませんので、ご注意ください。

燃やせるごみの袋

お問い合わせ

リサイクル推進課

電話番号:0898-47-5374
メール:recycle@imabari-city.jp
〒799-1514 今治市町谷甲394番地